住宅の窓周り カーテン・ブラインド選びと設計時のポイント1 @石井正博+近藤民子

今週の “リレーブログ” を担当します設計事務所アーキプレイス石井正博+近藤民子です。

私たちは男女ペアの視点を活かして、暮らし易さと(光と風、家事動線、収納など)とデザインのバランスのとれた豊かな住まいをめざし、「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマとして設計活動をしています。

 

今回の“リレーブログ”では、「住宅の窓周り カーテン・ブラインド選びと設計時のポイント」と題して、窓装飾(ウィンドウトリートメント)のカーテン、ローマンシェード、ロールスクリーン、ブラインド、プリーツスクリーン、ハニカムスクリーンについて、それぞれの特徴と設計中に押さえておきたいポイントを3回に分けて書いていきます。


1.カーテン
カーテンはドレープ(厚手の布)とレースの組み合わせで、上部にカーテンレールを取り付けるシンプル構成で、ドレープ、レース、カーテンレールまで色柄から様々なスタイルまで豊富に揃っています。低価格のものから高価格のものまであるため、部屋の雰囲気や予算に合わせて選びやすい窓装飾です。故障も少なく、着脱も簡単で、洗濯ができるものがほとんどと扱いが簡単なことも特徴です。

 <設計時に押さえておきたいポイント>
カーテンは横に引いて開けた時に、両サイドにカーテンの溜まりが残ります。見た目にもボリューム感があり、室内側へも20センチ程度飛び出すので狭い部屋がより狭く感じられるキケンがあります。カーテンは一般的に溜まりが窓(ガラス)にかからないように、窓の幅よりも広く取り付けますが、ベッドや机とぶつからないか、照明スイッチと干渉しないかなどを設計中に考えておく必要があります。

>>太陽の光を感じる家

 

2.ローマンシェード
ローマンシェードは窓の前面(室内側)に垂らした布やレースを上げ下げさせる窓装飾です。布を垂らしたときはヒダがなくなりスッキリした印象になり、比較的小さな窓に向いています。例えば子供室の掃き出し窓にカーテンをつけた場合、小窓にロールスクリーンをつけるとちぐはぐな印象の部屋になってしまいます。小窓にはカーテンとまったく同じ生地でローマンシェードをつけることでインテリアの統一がはかれます。価格は高めで、洗濯や生地交換はカーテンほど容易ではありません。

<設計時に押さえておきたいポイント>
ローマンシェードは窓を覆うようにつけるので、窓上部の壁にビスの効く下地や、外付のBOXを用意しておきます。BOXは壁から飛び出すので、クローゼットの扉を開けたときに干渉しないかなど注意します。[下地やBOXについてはカーテンの場合も同じです]

>>東京タワーと桜の見える家

住宅の窓周り カーテン・ブラインド選びと設計時のポイント3
住宅の窓周り カーテン・ブラインド選びと設計時のポイント2
住宅の窓周り カーテン・ブラインド選びと設計時のポイント1

住宅の玄関ドアや玄関引き戸をオリジナルで作ってみよう
住宅の外壁材の種類と特徴、メリット・デメリット
テレワーク・在宅勤務がもたらす住宅の作り方や暮らし方の変化
機能的で快適な水廻り 洗面/脱衣/洗濯室をつくるポイント
住まいの収納を新築やリフォームを機に見直してみる

 

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ
Archiplace Facebook

 

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961


>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...