住まいのライフスタイルを反映するオーダーキッチン-マードレ

建築家31会は、来たる5月13日(日)10:30〜、下記のテーマで設計者本人と材料納入会社様とのトークショーを行います。

オーダーキッチン

今やキッチンは、

  • 住まいの主役
  • 家族の中心
  • インテリアのアイテム

にもなりました。

そしてキッチンのあるべき姿も千差万別です。

  •  I型キッチン
  • 対面式キッチン
  • アイランドキッチン

などなど。

いろいろなスタイルのキッチンも、その家族のライフスタイルを反映しています。

キッチンに不可欠な「レンジ」もガスやIHを選ぶことから始まり、場合によってはその両方を設置することもあります。

食器洗いもそれぞれのお住まいで異なります。「手洗い」にこだわれる方はシンクの深さやWシンクを考え、シャワー水栓もご自身にあったものにこだわりを持たれ、「食洗機」を多用される場合も、国内外のメーカーの仕様を検討されます。

以前は当たり前のようにレンジとセットだった「魚焼きグリル」も、汚れや掃除を考え「グリル」や「オーブン」で代用する場合も多くなり、初めから設けない場合もありますし、レンジの下に一体となっていた「オーブン」も、使いやすいように目線の高さに組み込むこともあります。

さらには冷蔵庫や家電スペース、収納など、それだけキッチンはその住まいのライフスタイルにより、デザインが変わります。

カラーや素材はもちろん、カウンターの仕上げもステンレスや人工大理石だけでなく、クオーツストーンと言われる人工石材を使ったり、もちろん天然石やタイルの場合もあります。

このような自由な思考に対応する為、キッチンメーカーも様々な工夫をしていますが制約もあり、やはり多くの希望を具現化するのがオーダーキッチンです。

いくつかの事例からいろいろな「こだわり」をお話しします。

田邉恵一 × マードレ

田邉恵一
株)田辺計画工房

「キッチン」関連解説記事

田邉恵一  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...