ファブリック布地家具で上質でラグジュアリー高級な住まい-NE-1

建築家31会は、来たる5月13日(日)16:30〜、下記のテーマで設計者本人と材料納入会社様とのトークショーを行います。

ファブリック布地家具

ソファやベッドのヘッドボードなど、ファブリック(布地)を使った家具を造作することで、住人のライフスタイルやインテリアの好みに沿った、上質でラグジュアリーな空間にしつらえることができます。

どちらも後で買いそろえることも出来ますが、デザインやファブリックにとことんこだわって創ったオリジナル家具は、心を豊かにし生活に潤いを与えます。具体的な事例を製作過程などと併せてお伝えします。

ソファ

壁面にL型ソファをしつらえることを前提に建物を設計していました。

そこで、塗り壁に合った生地を選び、クッションは立体裁断を施して自然な立体感に仕上がっています。統一感のある雰囲気は、造作ならではです。

ヘッドボード

ベッドと一体になっていないヘッドボードのほうが、ベッドメイキングもしやすく、よりホテルライクなイメージに近づき、床から天井まで壁面いっぱいに創ったほうが上質でラグジュアリーな雰囲気につながります。

リビングのソファと喧嘩しない色合い、明るいトーンで光沢のある生地を選びました。

格子を折り返す縫製で生地をはぐ部分を表に出さないようにしています。

ボタンはコグチ部分にも付け側面にも自然な立体感が出るようにしました。

カーテン

ファブリックという事で家具以外にカーテンも重要です。

子ども部屋のカーテンには、かわいい壁紙を活かす生地を選びました。

レースは部屋が暗くなり過ぎない透過度の高い生地を選んでいます。

余田正徳 × NE-1

「造作」関連解説記事

「家具」関連解説記事

「内装」関連解説記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...