DIY施主施工でローコストマンションスケルトンリノベーション

今週のばとろぐを担当するギルドデザイン一級建築士事務所の磯村です。

今回は、若い2人のマンションリフォーム事例です。

「 room 302 」

K邸_04

もともとは、ダイニングキッチンを含めて4つの小さな部屋という、古いマンションにはよくある間取りの部屋でしたが、水廻りの位置は変えず(キッチンは作り替え)に、大きなワンルーム、ふたつの界壁(お隣との境の壁)を全て壁面収納、それに小さな寝室をつくるという、スケルトンリフォームをしています。

K邸_03

天井は構造体をあらわして、塗装、床は本来なら下地材であるパーチクルボードを塗装することで仕上がりしています。

CD棚

片側の壁面収納は、主に衣料、生活用品が納められ、もう一方の壁面収納は、ご主人の音楽CD、映像DVDのためのものです。

収納はランバーコアという合板を使っていて、実は施主自身による施工です。ターンテーブルにテレビも組み込んだカウンター収納も施主施工。天井の塗装、床の塗装も施主施工。工務店さんや職人さんにちょっとコツを教えてもらっての工事です。

施主の苦労の賜物ですが、そのおかげで、この現場工事費はしめて350万円なり。超ローコストリノベーションです。

img_007洗面カウンターも施主自身によるタイル貼りです。

楽しんで工事できれば、ほんとに世界に1つ、記憶に残るリフォームになります。

 

 

 

 

 

「 room 302 」はこちらかもご覧になれます。

LDK

 

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

「リフォームリノベーション」関連解説記事

「内装」関連解説記事

「費用コスト」関連解説記事

磯村一司+政本邦彦  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...