別荘という2拠点生活「デユアルライフ」 @たなべけいいち

今週のリレーブログ担当の田邉です。

ここ1年半で大きく私たちの生活様式が変わり、自宅での暮らしにも今まで以上に重きが置かれるようになり、だいぶ様変わりしてきました。

そしてこれからのライフスタイルのあり方に対する関心から、「2拠点生活」をお考えになる方達も多くなりました。

2拠点生活スタイルを最近は「デユアルライフ」とも言うそうですが、いわゆる「別荘地で週末や休暇を過ごす」のではなく、「仕事と暮らしを両立」させるライフスタイルで、現役世代の人々に浸透してきているようです。

この流れは、決してコロナ渦の影響だけではなく、もともと都心回帰への反動もあるようで、都心に近く暮らす「合理性」より、心のゆとりを持てる「環境や空間/時間」での暮らしに共感する人々が多くなっているのだと考えます。

調べてみると、この2拠点生活「デユアルライフ」を実践している年代は20代30代の方が約半数を占め、年収も800万未満の世代が同じく半数を占めているそうです。

当然2拠点を行き来するわけですから「時間距離」も大切で、1時間から2時間の範囲に「拠点」を構える率が多いようで、首都圏近郊では、軽井沢や八ヶ岳といった別荘地だけでな設ける方法も、「新たに建てる」だけではなく、「中古案件をリフォームする」また「借家を借りる」「故郷の家族から譲り受ける」などと多様なスタイルで実践することで可能となっているようです。

この動向の背景には、特に若い人浸透してきた「シェア文化」や、「空き家の増加」なども後押しているのではないでしょうか。

最近ご相談をいただいている事例では、5人のご兄弟家族で利用する千葉県の海に近い拠点で、大家族が集まれて、ワーケーションも可能な計画です。

それぞれ都心近くのマンションに住まわれていながら、1つの拠点を5人兄弟家族で共有するというプランを創造した、新しいスタイルの2拠点生活空間です。

核家族化した中で、ご兄弟で集まれるセカンドハウスという形もひとつの方法かもしれません。

著者情報

田邉 恵一田邉 恵一

田邉 恵一 たなべ けいいち

株式会社田辺計画工房

「家」を建てるという事は、ライフスタイルに必要な「場」を、敷地や環境の中で洗練された心地よい「建築」にしていく事です。 そのためには、どのように「家」で過ごしたいかをイメージされる事です。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...