家電オーブンレンジ炊飯器ポットトースターを収納したオープンキッチン

― 使っている家電は何ですか ―

キッチンのカウンターの上に何かしらあると美しく見えないもの。

家を新しくする時には、片付ける場所が無いんだからとあきらめずに、

きちんとしまえるキッチンにしたい。

 

カウンター下の収納がフルオープンの引き出しになってから、

キッチン自体に無駄なスペースが減って、収納量が増えてきましたね。

それでも簡単にしまうことができないのが家電。

季節ものであればパントリーに置いておくこともできますが、

毎日のように使うものは近くに置いておきたいもの。

 

でもキッチンで使う家電って何だろう。挙げてみましょう。

炊飯器、電気ポット、トースター、電子レンジ、オーブン、コーヒーメーカー、ブレンダー。

みなさんも書き出してみてください。意外と数が多いものですよ。

 

さて、これをスッキリ見せるにはカウンターの上には置かず、

タワー状に縦に積むのが最も簡単な解決方法。私は家電タワーと呼んでます。

kitchen-03

 

他にもカウンター下や壁面収納にビルドインできるタイプの家電もあるので、

少しお金をかけてそいうったものを選ぶこともできます。

写真にあるのはコンロの下にガスオーブンレンジをビルドインしたもの。

kitchen-04

レンジを使うたびにしゃがむのは大変だったりするので、

一概にビルドインがいいかどうかは考え方によるのですけどね。

 

いずれにしても日常使いの家電はなにか、

今までは使っていたけど、無くても生活できそうな家電はなにか。

スッキリしたキッチンを作るためにはこうした家電の整理が欠かせませんね。

滝川淳+標由理
コネクト 一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...