オープンキッチンに家事コーナー本棚収納カウンター造作を付けて便利に

― 家事コーナー ―

キッチンをうまく使いこなすために私がよくご提案するもののひとつに「家事コーナー」があります。奥様の書斎のような場所ですね。

レシピ本をしまうちょっとした本棚。卓上ミシンが置ける小さなテーブル。家計簿やレシートなどがしまえる引き出し収納。料理に近いものから家事全般の小物類をまとめておけるスペースをキッチンの近くに作っておくととても便利なんです。

kitchen-05

この写真の事例は、ダイニングテーブルの奥にある壁一面に吊り戸棚とカウンターテーブルを造り付けて、一部を家事コーナーとして使っている例です。長いカウンターなので、金魚鉢を置いたり、家族の写真を飾ったりしても、家事スペースは残っていました。

ダイニングがリビングとは別になっていて、親しいお客様をもてなす家庭的なダイニングになる予定だったので、家事コーナーもオープンな場所に作ってあります。

他にも家事動線の途中のちょっとしたスペースに、奥行き40センチくらいのカウンターと吊り戸棚が作ることができれば、スツールを置くだけで、家事コーナーはできあがります。

きれいなキッチンを作るには、機能的に使えるようなしっかりしたバックアップは必要すからね。

滝川淳+標由理
コネクト 一級建築士事務所

著者情報

滝川 淳 + 標 由理滝川 淳 + 標 由理

滝川 淳 + 標 由理 たきかわ あつし

コネクト 一級建築士事務所

「つなぐ、つながる」家族(人)の活動する風景をデザインします。 現在の環境は自由ですか?私たちは親世帯、子供世帯、パートナー、仕事、趣味、隣人に対する不自由な思いから、まだ見ぬあなたの自由の思いを形にします。「つなぐ、つながる」(CONNECT)をコンセプトに長く愛され、次の世代に引き継がれる環境を提供いたします。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...