出会い(師)@前田敦

yoyogi20世紀を代表する建築の一つ 国立代々木競技場

高校生のときに建築を意識してじっくり観たときの感動は第一、第二競技場が美しいラインで視覚的な連続性を描いているところ

そして、いろいろと建築を学んで行くと、2つの建築が「巴」の構成で結ばれ日本の伝統的な屋根の曲線でつかわれる「縄だるみ」の手法が現代に活かされているところに感動した次第です。

この建築を実際に設計した神谷宏治教授の研究室で大学院を修了するまで建築を学ぶ建築と都市が密に関わって行くというアーバンデザインの考え方が中心でした。

今でも建築の建つ周囲を意識する癖があるのは、このときに身につけたものだと思います。その考え方は、戸建て住宅においても生きているようです。

「出会い(地)」につづく

前田敦
前田敦計画工房

前田敦  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...