食品庫パントリー収納を設けて便利なオープンキッチン

― パントリーを作ろう ―

オープンキッチンをうまくつくるには、やはりたっぷりした収納スペースが欠かせません。ご家族が4人以上の家庭なら、なおさらキッチン廻りだけで片付けるのは難しいでしょう。そのような場合にいつも提案するのが食品庫、パントリーです。

なんでも入れられる、便利な収納。季節のもの、備蓄食品、たまに使う家電、瓶・缶もの。なんでも入れられる場所。

kitchen-02

 

パントリーのあるキッチンと聞くと、リッチなイメージですが、

実はパントリーは小さくていいんです。例えばこんなサイズ。

柳場邸plan-2

おおよそ半畳。

棚の奥行きが250ミリから350ミリあれば良いので、一歩足が入ればじゅうぶんです。

 

そしてパントリーの入り口は必ず引き戸にしましょう。開け放して使うことが多い場所なので、開けた状態で邪魔にならないことが大事です。この例のように扉なし、とすることも多いです。ここにお住まいの方は、のれんをかけて使われています。

滝川淳+標由理
コネクト 一級建築士事務所

著者情報

滝川 淳 + 標 由理滝川 淳 + 標 由理

滝川 淳 + 標 由理 たきかわ あつし

コネクト 一級建築士事務所

「つなぐ、つながる」家族(人)の活動する風景をデザインします。 現在の環境は自由ですか?私たちは親世帯、子供世帯、パートナー、仕事、趣味、隣人に対する不自由な思いから、まだ見ぬあなたの自由の思いを形にします。「つなぐ、つながる」(CONNECT)をコンセプトに長く愛され、次の世代に引き継がれる環境を提供いたします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...