上下分離都市型二世帯住宅(世帯を繋ぐ屋上のある上下分離型二世帯住宅)竣工@余田正徳

HNH_DSC1450
世帯を繋ぐ屋上のある上下分離型二世帯住宅】が2014年4月末に竣工し引渡をしました。
建築家31人×3works/vol.8で出会いスタートした、都市型の二世帯住宅です。

東日本大震災に影響による都心部の建材不足・職人不足や、消費税の増税に伴う工事請負契約の時期決定の混乱、大雪による工事ストップ、地中埋設物等々、様々な困難にあいながら、予定より1ケ月程度遅れてしまいましたが、何とか無事に引き渡すことが出来ました。

1階が親世帯、2・3階が子世帯で、玄関は共有ですが、それぞれが独立した構成となっています。同様の二世帯住宅をお考えの方はこちらにお問合せください。
↑の写真は子世帯の2階と3階を繋ぐ階段です。
高度斜線(*1)を回避しながら緩やかなカーブを描いています。
カーブに沿って光も緩やかに変化していきます。

今年の長い梅雨もようやくあけたので、これから外観の竣工写真を撮ります。
竣工写真はこちらからご覧頂けます。

*1:高度地区(建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区)における斜線制限

>>【世帯を繋ぐ屋上のある上下分離型二世帯住宅】の工事中の状況についてはこちら

>>関連ブログはこちら

YODAアーキテクツ 余田正徳

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)8/23 松原のスパイラルハウス @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「松原のスパイラルハウス」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。     私鉄線路脇の敷地。 ふとした瞬間にそこにある電車の往来の光景を、 光と音による「スピード(=今この瞬間の時間)」のスペクタクルとしてポジティブに捉えて、 そのエネルギーを「位置エネルギー」として住宅内に保存すべく、空間構成をスタディした。 自然光が射す明る...