住まいの設計に「ミカンの木の育つ二世帯住宅」が掲載 @石井正博+近藤民子

設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)の『ミカンの木の育つ二世帯住宅』(部分共有型の二世帯住宅)が「住まいの設計 Sumai(扶桑社 2019.2月号)」に掲載されました。

「ほどよい距離感と開放感で快適&楽しい二世帯住宅」として4ページにわたって詳しく紹介されています。

書店(住宅雑誌・建築書籍コーナー)で見かけましたら、ぜひ、お手に取ってご覧ください。

 

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー ミカンの木の育つ二世帯住宅

>>ミカンの木の育つ二世帯住宅 竣工写真 その1
>>ミカンの木の育つ二世帯住宅 竣工写真 その2
>>ミカンの木の育つ二世帯住宅 竣工写真 その3

>>ARCHIPLACE BLOG
>>ARCHIPLACE WEB
>>ARCHIPLACE Instagram

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

「全面リフォームで太陽熱利用のエコハウス」完成現場見学会のお知らせ @小泉拓也+栗原守

所沢市の太陽熱利用のエコハウスは築約40年を経過した木造2階建て住宅の全面リフォームです。基礎を補強しながら耐震性をアップさせ、羊毛の断熱材ウールブレスを充填して断熱性を向上させています。ノーリツの太陽熱ソーラーシステムを計画して、お風呂、洗面所、キッチンなど家中のお湯に太陽熱を利用しています。 北側の暗くて寒かった台所も壁を撤去してリビングとワンルームのようにして明るくて暖かくして暮らしやすくリフォームしています。 デッキテラスやバルコニーで光と風を家中に取り込んで明るくて...