旗竿地隠れ家木造ロフト長屋型アパート設計デザイン

隠れ家のようなアパート

敷地の旗竿部分(敷地延長部分)が緩やかな弧を描いて曲がっているので、建物玄関部分の外壁が道路際からでも斜めに見えるので、施主大家さんは「隠れ家のようなアパートにしたい」とご希望されました。

外壁レンガと電球色照明

外壁をレンガ積み調にして、落ち着いた雰囲気ににして、内部の照明もろうそくの灯を意識した、電球色の照明にしました。敷地に入る門も、外壁に使用したレンガを貼り建物本体と対になる様にして、アイアン調の門扉を選んで、夜遅く帰宅してもワクワクするような「隠れ家」のようなデザインにしました。

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

− 最新イベント情報 −

建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」を開催(3/1〜3/15)します

首都圏で活動する「建築家31会」と、質の高いデザインとアフターサービスを提供する水回り設備の「セラトレーディング・CERA TRADING」によるコラボレーション第四弾。 建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」開催のお知らせ。 東京・乃木坂にあるセラトレーデイングのショールームにて、Love!Bathroom をテーマに、まだ見ぬ理想のバスルームから実際の事例までを写真と模型を使って展示します。 会期:2019年3月1日(金)〜3月15日...