既存空間をよみがえらせる戸建てリノベーション住宅キッチンリフォーム

今日は、最近多くやらせてもらっている「戸建てリノベ」を

ちょうど、完成したてで、

取材をうけた物件を見ていただきたいと思います。

こちらの物件は、都市型で中庭を囲む凹のプランをしておりますが

細い部分にクローズドのキッチンがあったために、

中庭だけでなく、2階全体が窮屈で明るくない感じになってしまっておりました。

そこで、キッチンを大胆に移動する方法をとることで、2階全体の空間をよみがえらせようと。

そして、

モダンな印象にしたいということで、

生活感がでにくいように、キッチン⇔ダイニングのところに、

30mmの厚い天然大理石を!

 

玄関に関しては、

普通に玄関土間が小さくあったものを、

エントランス空間全体を外から同じ大き目のタイルを張ることで

ガラッと、印象を換えています。

子供連れの来客も多いので、たくさん来ても靴のぬぎ場にも困りませんね♪

 

こんな風に、写真や絵を飾るのもオシャレです!

 

このように、

私たちの設計事務所では、

リノベーション、リフォームに関しては、

まったく違う改造をするというよりも、

できるだけ、もともとある空間をより活かすような、リフレッシュするような

モディファイ・・・少し変更したり、何か加えることで

リファイン・・・新しい空間がイキイキするような

そんな設計を出来ればと思っております。

南部健太郎
AR.K一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...