リビングダイニングキッチンLDK吹抜けにロフトのある注文住宅の暮らし

 

リビング吹抜けに面するロフトのある暮らし

家づくりにおいて、法的土地の制約等から決まった屋根の勾配をフル活用。2階リビングダイニングのさらに上、キッチン上部にロフト空間(小屋裏収納)を設けました。設計当初、比較的コンパクトな住まい全体において、普段あまり使わない物などを収納するまとまったスペースがあると有り難い、という主旨でした。

住まいが竣工し、ご家族が暮らし始めてから気が付いたことがあります。適材適所、各所に収納を設けた住まい。ご家族が上手に住まわれていることもありますが、以外にも、差し迫ってロフトを埋め尽くすほどの荷物は無いことが分かりました。

一方、ロフトは自然なかたちで活用されています。低めの天井なので、子供たちの遊び道具置場になり、子供たちが一番出入りするスペースになりました。吹抜けを介してリビングを見下ろす視点場は、子供たちにとってワクワクの秘密基地感覚。とても楽しそうです。今後は手摺部分の空きもネット等で安全対策を施すと良いかも。

夕暮れ時、多くの来客を招いた大人たちの酒宴がはじまると、子供たちは時々大人に混じり酒の肴をつまみつつ笑顔をふりまき、いつのまにかロフトに避難? 退屈することなく上から見下ろしては時々人懐っこく話しかけてくれます。ロフトの意外な効用。リビングの吹抜けに心地良いコミュニケーションの間合いがありました。
@心地よい風と緑のある家

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所


撮影:塚本浩史


撮影:古川達也

 

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...