家と使い方寸法高さが異なる店舗医院賃貸アパート併用住宅の設計図

寛ぐ住まいと働く場所が一緒もしくは隣り合う場合があります。

  • 店と家
  • 医院と家
  • 賃貸アパートと家

など、隣り合ってもしくは重なって一緒に建てるけれども、異なる機能を

  • 離なす
  • つなげる
  • 重ねる

などと様々な形態の設計があります。

それはお客様の建物の使い方を十分に理解した上で満足のいく建物の設計になります。展示相談会では、よく練られた併用住宅が揃います。是非その設計お話しを見に聞きに来てください。お客様の併用住宅のヒントにしてください。

クリーニング店舗併用住宅「洗たく屋さんの家」(古川達也)

家族が営むクリーニング店併設の店舗併用住宅です。1階は店舗と寝室、2階は家族の共有スペースです。ロフトと繋がる高い天井の居間、移動できる収納付の畳台、店舗と居室の行き来や使い方を自由に変えられるなど、暮らしの変化に対応できる自由度と遊び心が特徴です。

歯科医院併用住宅の間取りプラン「いわき四倉あなだ歯科」(北島俊嗣)

建物の「顔」

福島県いわき市四倉の「あなだ歯科」では、建物の配置について、はじめに歯科医院の出入口玄関と待合室受付を、前面の道路から分かりやすい位置に設けました。

道路や駐車場から歯科医院内部の雰囲気が分かれることで、医院建物の「顔」になれました。

福島いわき市「四倉あなだ歯科」併用住宅

バリアフリーの歯科医院

福島いわき市「四倉あなだ歯科」併用住宅

歯科医院に車椅子で来院する患者様も容易に利用出来るように、出入り口前に緩い勾配のスロープが設けられていて、段差のない平らな床面が連続してバリアフリーにしています。トイレも車椅子の方が利用出来る広さと器具設備になっています。

受付直近にはキッズコーナーがあり、受付担当者からも診療室からもお子さん達に目が届くようになっています。

福島いわき市「四倉あなだ歯科」併用住宅待合室

福島いわき市「四倉あなだ歯科」併用住宅キッズコーナー

診療室を明るくする

福島いわき市「四倉あなだ歯科」併用住宅

診察室の診療ユニット台は3台で、天井を高くして、照明を梁の上に置いて間接照明にして、診療台では仰向けになる患者様が眩しくならないようにしています。さらに診療室は中庭に面していて、大きな窓が設けられているので、日中はとても明るい診療室になります。

開放感のある住まい

住まいの部分は、天井の高いリビングを中心にして、キッチンと水廻り室と寝室、そしてロフトが面しています。間仕切りを最小限にして開放感を高くして、工事費用を抑える間取りにしました。

間仕切りをなくすることで工事費用を抑えられる理由は、同じ面積の広い部屋があって、広い1室と4室に区分けすると、区分けしただけ壁と扉とエアコンと照明が必要になる訳です。分割すればするほど、内装や設備が増えてゆき、同じ面積でもコストが増えることになります。

福島いわき市「四倉あなだ歯科」併用住宅

医院併用住宅に中庭

日当たりと風通しを良くするために、医院と住宅との間には中庭を設けました。並行して全体の屋根をどのようにするかも検討しました。幾つかのパターンを考えて模型を作製し、全部を眺めながら医師先生とご家族に選んでいただきました。

歯科医院クリニック併用住宅間取り平面図設計図

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...