つなぐ04:家族をつなぐ@栗原守+小泉拓也

今週のリレーブログを担当します「一級建築士事務所 光設計」の小泉拓也です。

「呼吸する住まい」をご提案、お手伝いをしています。今回は「つなぐ」をテーマに

「家族をつなぐ」について書いてみたいと思います。よろしくお願いします。

 

家づくりをスタートさせる理由はそれぞれですが何度もあることではありません。間取りから建物の性能、仕上げの材料を建築主様と打ち合わせをして新しい住宅をつくっていきます。幼い子供たちも一緒に家づくりに参加して家族を「つなぐ」…。思いをかたちにする素敵な住まいのお手伝いをしています。

 

① 手形

アプローチ門扉の珪藻土塀に家族の手形を押しました。当時は小学生だったお子様も成人を迎え、家と共に大きく成長されました。

② ビー玉入れ

アプローチ土間にビー玉や貝殻、小石などを埋め込んでいます。家づくりに参加しているみたいで楽しく作業しています。

 

光設計/栗原守+小泉拓也

 

著者情報

栗原 守 + 小泉 拓也栗原 守 + 小泉 拓也

栗原 守 + 小泉 拓也 くりはらまもる こいずみたくや

一級建築士事務所 光設計

「呼吸する住まい」をテーマに自然素材と自然エネルギーを有効に利用するエコロジーな住まいを建築主さんと2人3脚で設計しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...