コンクリートブロック塀の危険な使い方と正しい造り方

平成30年6月18日(月)に大阪府北部を震源として発生した地震により命を亡くされた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災されて避難をされている皆様の1日も早い復興をお祈りしております。

高槻市の小学校にあったコンクリートブロック塀が倒れ、倒れた塀の下敷きになって小学校4年生の9歳児童が死亡しました。このようなことが2度と起きないよう、皆が協力して安全な環境を整備して参ります。

宮城県沖地震の教訓(昭和53年)

これを遡ること40年前の昭和53年6月12日、宮城県仙台市の東方沖約100kmを震源とする地震が起こり、死者28名 負傷者1325人を出す災害となりました。建物が崩壊して被災された方が多く、特に死者28名のうち18名は、地震で倒れたコンクリートブロック塀の下敷きとなって亡くなりました。

これを受けて建築基準法は昭和56年に建築物の耐震基準が強化された改正が行われ、耐震の強弱を判断する技術的基準の境界線になり、これ以前の基準で建てられた建物を「旧耐震建物」、以降を「新耐震建物」と分類して呼ぶようになりました。さらにコンクリートブロック塀の取り扱いも改正され、コンクリートブロック塀の取り扱い基準が強化されました。

コンクリートブロック塀の整備基準

単独で自立する塀の基準は下の基準の通りです。(段差や崖となっている土を留めるものは全く違います)

(川西市ホームページより)

  1. 高さは2.2メートル以下とし、壁の厚さは15センチメートル(高さ2メートル以下の塀にあっては10センチメートル)以上とします。
  2. 縦筋は直径9ミリメートル以上のものを80センチメートル以下の間隔で入れます。この鉄筋は基礎のコンクリートを打ち込む前に建て並べておき、基礎のコンクリートに十分定着させなければなりません。
  3. 壁頂では、横筋にかぎがけして固定させます。
  4. 壁頂の横筋は直径13ミリメートル(塀の高さが1.2メートル以下の場合は、9ミリメートル)以上とします。
  5. 横筋は両端にかぎをつけ控壁位置の縦筋にかぎかけとします。
  6. 控壁は壁の長さ3.4メートル以内ごとに、塀の高さの5分の1以上突出したもの設け、9ミリメートル以上の鉄筋を入れて壁体とつなげます。(実際はもっと間隔を詰めた方が良い)なお、控壁や壁頂はコンクリートブロックを積むよりも、現場打ちコンクリートにした方がより堅固になります。
  7. 基礎の丈は、35センチメートル以上とし、根入れの深さは30センチメートル以上とします。
  8. 高さ1.2メートル以下の塀は、6、7の基準は準用されません。

しかし、コンクリートブロックは以下の理由により危険な状況にあったり、基準に従って設置されていなかったりして、改善取替撤去が必要な場合があります。私も気付いたら持ち主様に申し上げて、一刻も早い対処をお願いしています。

  • ブロック自体は安価で容易に入手できる材料で、広範囲に利用されている。
  • 工事作業自体は一見すると簡単なので、基礎を作らず、補強鉄筋などを正しく設けずに塀をブロックで作ってしまっている。たとえ鉄筋の間隔は守っていても、端部のカギかけをした引き抜け防止がなかったり、ブロックの空洞部分に充填するモルタルが確実でない場合がほとんどで安全に作られていない。
  • 土留めのブロック塀は土の重さや圧力に対して全く弱いもの。
  • ブロック塀の基準は足りないからもっと補強(控壁、鉄筋)があった方が良い。

というのが、私の見解です。

(横浜市ホームページより)

ではどうするか?命はお金には代えられません。尊い命を犠牲にしてやっと気付いて法制度や仕組み、作り方を変えていく方法は避けたいです。

危険かどうかの診断

今あるコンクリートブロック塀が安全かどうかは、ブロックの段数に注目してください。6段を超える塀であれば、基準に従った補強が必要です。もちろん6段以下でもブロックとブロックをつなぐ鉄筋が密に入っていないと、単に積み重ねた軽い石です。揺れたり押されたりすれば倒れて凶器になります。

もし5段以上の塀があったら、お近くの設計事務所に相談してください。設計事務所は利害に関係なく調査をして、構造的に工事内容を見て判断してくれるので、工務店さんや工事会社さんではなく設計事務所に診断してもらってください。

なお日本建築学会が今回の地震の被害を受けて、緊急に発行したチェック内容がありますので、該当する塀がある場合はすぐに設計事務所に対処方法を相談してください。

日本建築学会より

特に「あの大地震に耐えたから問題ない」という判断が間違った結果をもたらしますので、この発言をする方の意見は判断基準に絶対に入れないでください。

対処方法ー塀の場合

5段以上の塀で、基準に沿った補強がなされていない場合は、金属製の金網や木製の軽量な目隠しの塀に取り替えるのはいかがでしょうか?

所有者として、あなた個人だけでなく、共有者が居られる場合でも、危険なものの除去には反対はしないでしょう。コンクリートブロック塀の5段以上の部分だけでも直ぐに撤去するのはいかがでしょうか?

そのあとに塀を設ける意味を改めて見直して、目隠しなのか、風除けなのかを考慮して、軽量な材料で施すことをお勧めします。

対処方法2ー土留め擁壁の場合

コンクリートブロックが自立した塀でなく、土や崖の崩壊を止めている場合は、これはコンクリートブロック塀の基準ではありません。これも5段以上の場合は、コンクリート造の土留め擁壁に取り替えなくてはなりません。塀ではなく擁壁です。力の加わり方が全く違います。(4段以下の場合でも、構造的な補強ができていないと、盛り土と同じです)

北島俊嗣
北島建築設計事務所

「構造・耐震」関連解説記事

北島俊嗣  ばとろぐ記事

カテゴリー分類

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

二世帯住宅

賃貸収益建物・アパート・マンション

医院クリニック診療所・クリニックビル・高齢者施設

事務所オフィス・工場・倉庫

和風住宅・和風店舗

商業店舗・飲食店・販売店・温浴施設

改修リフォーム・大規模修繕・用途変更・耐震改修・定期調査報告

展示相談会

新聞雑誌掲載・TV出演

構造・耐震・免震・木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造

空調設備・水廻りキッチントイレ

断熱・音響・防音・除湿・太陽光発電・アレルギー対策

建築家の日記

よくある相談問合せ

space-white

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

二世帯住宅

設計実績

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫

賃貸収益建物・アパート・マンション

大家さんの悩み

皆(大家・入居者・周囲住民)の満足

新たな事業の方針で設計事務所が出来ること

設計事務所だから出来ること

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「品川のロフト付賃貸木造アパート

◆「杉並のロフト付賃貸木造アパート

◆「渋谷のロフト付賃貸木造アパート

◆「世田谷のロフト付賃貸木造アパート

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「湘南茅ヶ崎市辻堂駅のRC造共同住宅賃貸アパート」

◆「杉並永福の木造3階建て共同住宅賃貸アパート

◆「横浜のマンション大規模修繕」

◆「上大岡の鉄骨3階建賃貸アパートの改修工事」

◆「横浜の賃貸マンションの大規模修繕改修工事」

◆「相模原の軽量鉄骨造2階建賃貸アパートの屋根外壁修繕改修工事」

医院クリニック診療所・クリニックビル・高齢者施設

設計実績

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック

◆「横浜戸塚踊場おおつ歯科クリニック 追加看板サイン

◆「横須賀衣笠あつ歯科医院

◆「横浜あるが歯科クリニック リフォーム

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「三鷹文久堂整骨院デイケアサービス

◆「鎌倉泉水橋とうどう内科小児科リハビリクリニック

◆「鎌倉泉水橋十二所調剤薬局」

新横浜精神科デイケア「しんよこメンタルクリニック」

◆草加市の新築ビル歯科医院移転内装「藤巻歯科医院」

◆茅ヶ崎「奥津歯科医院併用住宅」改修模様替えリフォーム

◆つくば「がくえんのもり小児歯科」

◆「湘南大磯 ことぶきや薬局」解説記事

◆「湘南大磯 ことぶきや薬局」仮設調剤薬局店舗

◆「鎌倉泉水橋医療クリニックモールビル

◆「南町田クリニックビル1+2

◆「横浜西寺尾介護付有料老人ホーム

事務所オフィス・工場・倉庫

設計実績

◆「東京新橋企業本社オフィスビル建物新築建替

◆「東京市谷の企業独身寮

◆「臨海町道路内駐車場管理事務所

「神保町オフィスの階段増築」

東京新橋賃貸ビル「MKプレイス」

◆横浜の工場事務所オフィス「関東洗機工業」

和風住宅・和風店舗

設計実績

◆横浜の和風二世帯住宅

東京煎餅和菓子店舗「味億本舗」

東京白山「鮨 辰巳」

東京岩盤浴温浴施設店舗「鷹乃家」

「東京千駄木の和風3階建て住宅」

「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅」

商業店舗・飲食店・販売店・温浴施設

設計実績

東京岩盤浴温浴施設店舗「鷹乃家」

東京白山和風寿司店舗「鮨辰巳」

東京清瀬市和風煎餅和菓子店舗「味億本舗」

◆久里浜焼肉飲食店舗「昭和亭」

神田神保町登山靴販売店「さかいやスポーツシューズ館」

◆横須賀ドブ板ネイビーバーガー・海軍カレー店「ツナミ」

◆「船橋商業ビル」用途変更

改修リフォーム・大規模修繕・用途変更・耐震改修・定期調査報告

設計実績

「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム」

「中古マンションリフォーム@武蔵小杉」

「東京市谷の企業独身寮」

「世田谷木造3階建住宅リフォーム」

「横浜あるが歯科クリニック リフォーム」

「神楽坂のマンションリフォーム」

◆「横浜のマンション大規模修繕」

◆「上大岡の鉄骨3階建賃貸アパートの改修工事」

◆「船橋商業ビル」用途変更

◆「横浜の賃貸マンションの大規模修繕改修工事」

一級建築士による物販店舗の建築基準法定期調査報告

展示相談会

新聞雑誌掲載・TV出演

構造・耐震・免震・木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造

設計実績

空調設備・水廻りキッチントイレ

設計実績

断熱・音響・防音・除湿・太陽光発電・アレルギー対策

断熱

防音

耐火

収蔵庫・展示室

照明

除湿・排水・防水

太陽光発電

アレルギー

再利用

建築家の日記

よくある相談問合せ

その他の北島俊嗣 建築解説記事

 

カテゴリー: , 構造 パーマリンク

2018年11月に、建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.29 @新宿パークタワーを開催します。

  2018年秋(11月)に、建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.26 at新宿パークタワーを開催します。 日時:2018年11月9日(金)~11日(日) 10:00〜18:00(9日は12:00〜) 場所:新宿パークタワー1F・ギャラリー3(入場無料)>>Map 主催:建築家31会 建築家31会の展示・トークショー・相談会は、全国で活動する建築家31人が集まり、それぞれの住宅事例を展示する模型展です。当日は会場内に建築家もおりますので、建築家との家づくりに興味のある方、設計事例を見てみたい方、建築家と話してみたい方など、どうぞお気軽にお越しください。 『家の話をしよう。』と題した家づくりトークショー を開催し、横浜赤レンガ倉庫で好評だったアイデアい住宅のプレゼンテーションと展示もする予定です。 >>期間中の建築家スケジュール 家づくりトークショー 2018年11月の建築家31会「展示・トークショー・相談会 vol.29@新宿パークタワー」で、建築家 × 協賛会社 による、実作品 × 納入商品 の解説トークショーを全日開催します。 11月10日(土) 12:30〜 小林真人 × 東京工営 「トラブルのないフローリング材の使い方」 フローリング材は使い方次第でより良く見せることも、逆にトラブルを招くこともあります。そんなポイントを実例によってお話します。 13:30〜 田邊恵一 × ディーエルディー 「炎を住まいで楽しむ」 私たちの文明に「炎」は欠かせませんでした。そして現代では生活インフラに不可欠な要素です。ただ「炎」の恩恵を受け、「炎を楽しむ文化」がもっと生活と密着しても良いと思います。このトークショーでは、いろいろな「炎」の楽しみ方や、接し方などいくつかの事例を通してお話しします。 14:30〜 古川達也 × エイチ・ジー・サービス 「地盤から考える家づくり」 住まいの安心・安全にとても関係する建物の足元、大事な地盤に着目します。土地が違えば地質が違い、建物の重さや形が違えば、足元に求める地盤のあり方も変わります。意外にも地盤づくりは、全ての家づくりにおいてオーダーメイド。弱い地盤には「地盤補強」も必要です。家づくりの前に、是非知っておきたい「地盤調査」「地盤補強」についてお話しします。 15:30〜 前田敦 × マードレ 「オーダーだからこそ実現するオンリーワンの暮らし」 自分らしく生きる! 家づくりには、そんなライフスタイルに合わせたキメの細かい対応と創造力が求められています。建築家とキッチンクリエーターとのコラボレーションにより、オーダーだからこそ実現できるオンリーワンの快適空間の事例を製作過程から裏話を交えて紹介します。 16:30〜 前田敦 × シリカライム 「内装材(壁・天井)でこんなに変わる家づくり」 あなたは内装材を決める際に何で決めていますか? 営業マンの持ってきたビニールクロスのカタログだけで決めていませんか?環境、素材、色、パターン、健康、機能といったいろいろな面から内装材について考え、世界で自分だけの内装空間を作り上げる。そんなお話が出来ればと思います。 11月11日(日) 12:30〜 髙野洋平 × イゼナ 「温熱環境が整った家づくり」 床下に設置した水の袋に蓄熱する空調システムをご紹介します。特別な設備を必要とせず、床暖房と同じ程度の導入費で家全体の温熱環境を整えるイゼナのアクアレイヤーです。実用例と効果、進行中の計画などをご紹介します。 13:30〜 筒井紀博 × 神谷コーポレーション 「知らなきゃ損する扉のあり方」 毎日の生活の中で、必ず一度は開け閉めする扉。あまり意識したことがないかもしれませんが、扉はとても奥が深いんです。既製品の扉からオーダーの扉まで、さまざまな機能、デザイン、可能性・・・。 これらを実例を交えながらお話いたします。 14:30〜 北島俊嗣 × 遠藤祥悟土地家屋調査士事務所 「家が建つ土地の形と広さ面積を示す敷地測量図と土地家屋調査士の力量」 注文住宅の設計は「敷地測量図」が無いと始められません。土地の形状や高低差、面積と道路との関係を測って敷地測量図を作って下さるのは「土地家屋調査士」さんです。土地家屋調査士さんの力量によって家づくりや建物計画の良し悪しが定まるときもあります。助けられた事例を紹介して力量のある方のご紹介をさせていただきます。 15:30〜 岡部克哉 × グラフィソフトジャパン 「施主と建築家を繋ぐコミュニケーションツールとしてのCADソフト」 単なる製図道具としてのCADソフトの使い方とCGを中心としたコミュニケーションの道具としてのCADソフト活用のご紹介 16:30〜 菰田真志 × NE-1 「家づくりのなかのインテリア」 いえの雰囲気を決める要素は建築のかたち以外にもいろいろあります。同じかたちでも仕上げによって気持ちよさだけではなく使い勝手も変わってきます。カーテンや家具、ラグなど可変なインテリアの使いかたで雰囲気を作るのもいえづくりの楽しさです。そんな話を実例を見ながら話そうと思います。 お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net 建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917 Tel : 03-6869-1961 建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。 設計事務所というと、
  • ・どこにいるかわからない
  • ・誰を選んで良いかわからない
  • ・とんでもないことをされてしまうのではと心配
私達「建築家31会」の特徴は、31人(組) の 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので
  • ・お客様自身が建築家を選べられる
  • ・お客様に相応しい建築家を推薦出来る
と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。 どうぞ 下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。ご希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

建築家31会のメンバーと解説記事の一覧

阿川宮鳥コエタロデザインオフィス

石井正博+近藤民子設計事務所アーキプレイス 石川利治3*D空間創考舎一級建築士事務所 泉谷吉信Itchy’s Art Garage Totally Happy Creations

磯村一司+政本邦彦ギルド・デザイン一級建築士事務所

有泉絵美(株)空間設計パートナーズ一級建築士事務所 大川宗治一級建築士事務所 OM-1 岡部克哉株式会社岡部克哉建築設計事務所 北島俊嗣北島建築設計事務所 幸田真一幸田真一建築設計事務所 河辺 近ken-ken 有)一級建築士事務所 高野洋平高野洋平建築設計事務所 小林 武KOB建築設計事務所 小林真人株)小林真人建築アトリエ 菰田真志+菰田晶有)菰田建築設計事務所 清水禎士+清水梨保子トレス建築事務所 鈴木恵介(株)空間計画提案室 滝川淳+標由理コネクト 一級建築士事務所 田邉恵一株)田辺計画工房 筒井紀博筒井紀博空間工房 七島幸之+佐野友美アトリエハコ建築設計事務所 南部健太郎AR.K一級建築士事務所 古川達也古川都市建築計画 前田敦・前田敦計画工房 松永 基有限会社エムズワークス 余田正徳株式会社YODAアーキテクツ トークショー