軽量鉄骨造と重量鉄骨造の違いと長所メリットと短所デメリット

住まいや施設の計画をお考えのとき、建物本体の骨組みの形式によって、使い方に相応しい構造種別があります。

例えば住宅で、木造と軽量鉄骨造のどちらが良いか迷われている場合、そもそも軽量鉄骨造がどんな種類で、重量鉄骨造との違いをよく理解し、木造と明確な比較をしないと正しい選択ができないと思います。

そこで軽量鉄骨造と重量鉄骨造のメリットデメリットを説明して、正しい構造骨組みの選択をしていただきたいと思います。

 → 関連解説記事「構造・耐震・免震・木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造」

軽量と重量の違い

建物本体の骨組みを鉄で組み立てた構造を「鉄骨造」と呼びます。鉄は英語で steel と書きますのでその頭文字をとって「S造」とも呼びます。

鉄骨造の中にも分類があり、厚みが6ミリ未満の材料で組み立てられたものを「軽量鉄骨造」と呼び、厚み6ミリ以上の材料で組み立てられたものを「重量鉄骨造」と呼んで分類されています。

重量鉄骨造

鉄骨造と言えば重量鉄骨造のことを指しているとお考えください。鉄骨造のほとんどは、柱を立ててその先端と先端に梁(はり)と呼ぶ横材を渡してジャングルジムのようにして、梁に床を載せる仕組みです。

重量鉄骨造のメリット

・柱と柱の間の距離を、木造や鉄筋コンクリート造に比べて長く(遠く)出来る。・・・間取りプランの自由度が高くなる
・鉄筋コンクリート造と比べて工期が短く、工事金額も安くなる。
・多層高層階の建物を計画出来る。

重量鉄骨造のデメリット

・木造に比べて地中コンクリート基礎が大きくなる。
・木造に比べて工事金額が高くなる。

軽量鉄骨造

比較的小規模の建物(4階建て)に適している骨組みで、大量生産された部材を工場加工することで、現地組み立ての技術も容易いので、工程を短くし費用を下げることが出来る仕組みです。

軽量鉄骨のメリット

・部材が工場で生産され加工されて、現地組み立ても習熟された技術を必要としないので、品質維持が容易。
・現地組み立ての工期が短い。
・重量鉄骨より安価、木造よりも多少安価(な はず)。

軽量鉄骨のデメリット

・重量鉄骨のような広く長い空間が作れない。
・耐震壁が必要。

軽量鉄骨造は木造と基礎、階高さ、耐震壁がほとんど同じと考えていただいて良いと思います。

よって軽量鉄骨造を採用する場合は、木造よりも安価で、工期が短いことを確かめないと、意味がないと思われます。

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

− 最新イベント情報 −

建築家サロン in 自由が丘 9th 9/28(土)・9/29(日) 開催のお知らせ

建築家サロン in 自由が丘 9th 9/28(土)・9/29(日)を開催いたします。 「建築家に相談するのは敷居が高いと思っていませんか?」 を合言葉に、建築家31会のメンバーがはじめた建築家サロン in 自由が丘。 今回は10組の建築家がご来場の方のご相談を直接お受け致します。 具体的なご相談はもちろん、まずは建築家と話をしてみたい、建築家の事例を見てみたい方など、まずは足を運んでみてください。 お茶でも楽しみながら、自由が丘のサロンでお話ししましょう。 ...