デッキテラスやバルコニーの床木材オーストラリア桧イペウリン人工木材

今週担当します小林真人(こばやし まひと)です

デッキテラスやバルコニーの床に木材を使いたい時何を選びますか?
私自身,振り返ると時代とともに選択肢が変化してきました。
その時代のBESTを考えた上で変化するマイブームの様なものです

建築の仕事を始めた頃は,桧が最適な様に言われていましたが,和っぽい印象なのであまり馴染めなかったのですが,その後モダンな空間でも使える木材が色々輸入される様になり,積極的に木製デッキを考える様になりました。

イペーやウリンといった南洋材は今も多くの会社が扱っているデッキ材の定番と言ってよいものです。木材用の丸鋸ではあっと言う間に歯がダメになってしまうほど硬く,材料そのものの耐久性が高い為に公園や公共広場などの設計で使い始め,住宅でもずいぶん使用しました。ただあっという間に材料の色が飛んでしまうので,材そのものの耐久性はあるのに色を維持する為に保護材を定期的に塗る必要があるのがデメリットでした。

その後流通する様になったオーストラリア桧は材そのものの油分が多く,保護塗料も何も塗らず素地のまま使用でき,南洋材よりも安価な事から数年前までこの材をイチオシで使用していました。
1611
ところが5年ほど前からは人工木のデッキ材の使用率が一番高くなりました。私は何かを模したフェイク的工業材は使用しない事にしているのですが,人工木については独自の質感を持った材料だと評価しています。
メンテナンスに関して圧倒的に有利なのと,ルーバーも作られている為に天然木にこだわらなくて良い場合,活躍できる材だと思います。
image1

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

 

建築家31会 からの お知らせ

来たる10月13・14・15日の3日間、新宿パークタワーにて、建築家が実際に設計した住宅などの写真・模型を持ち寄って、家づくり相談会を開催します。

会場には100個の実例を展示して、建築家本人が居り、家を建てたいお客様の悩みや相談に応えます。

・家づくりをお考えの方
・敷地や予算に厳しい条件がある方
・建築家の話しを一度聞いてみたい方
・今相談している先に疑問がある方
・店舗や医院、賃貸建物を検討している方
・リフォームか建替えか迷われている方

客観的な視点からお客様の選択肢を提案して、より真っ当な内容と費用で実現していますので、この機会にどうぞご来場ください。

建築家31会 家づくりトークショー・展示・相談会 vol.26
日時:2017年10月13日(金)~15日(日) 10:00〜18:00
会場:新宿パークタワー1F・ギャラリー3

建築家の実例説明トークショー
・二世帯住宅集まって住む家の設計事例 建築家説明トークショー
・都市東京に賢く家を建てて住む 建築家説明トークショー
・失敗しない住宅リフォームリノベーション 建築家説明トークショー

 

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

「素材や材料」関連解説記事

「庭ガーデン」関連解説記

「造作」関連解説記事

小林真人  ばとろぐ記事

カテゴリー: , 建築家ブログ”ばとろぐ”, 材料素材, 造作 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です