図面の見方-3 自分なりの物差し(スケース感)をもとう @石井正博+近藤民子

《図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう》

建築にはそれなりの大きさがあるため、図面では実際の大きさにある値を掛けて縮小し、その大きさで描くことになります。

住宅の図面でよく使われる縮尺は、1/100、1/50、1/20、1/5などです。実際に作られる建物は1/1ですので、頭のなかでは1/100⇒1/1にしたり1/50⇒1/1へのスケールの変換作業が必要になります。

この時、役立つのが”自分なりの物差し”です。例えば今住んでいる部屋の広さ(m2、畳)、壁の縦や横の長さ、天井の高さを知っておくことで、図面の中の部屋の大きさをイメージしやすくなります。
また、自分の身長や手を伸ばした時の長さ、使っているキッチンの長さや吊り戸棚の高さ、毎日使う家具の大きさなどが、ちょっと意識するだけで”自分なりの物差し”になります。

IMG_9015

ぜひ、メジャーやスケールを使って身近なものをどんどん測り、基準となる”自分なりの物差し”を見つけてください。

スケールを間違うとこんなことに・・・

>>興味あるかたはdi liu: animal regulation series

図面の見方-7 図面の上下を逆さまにしてみる
図面の見方-6 断面詳細図(だんめんしょうさいず)
図面の見方-5 断面図(だんめんず)
図面の見方-4 立面図(りつめんず)
図面の見方-3 自分なりの物差し(スケール感)をもとう
図面の見方-2 図面に色を塗ってみよう
図面の見方-1 建物は通路と溜まりで出来ている

住宅の玄関ドアや玄関引き戸をオリジナルで作ってみよう
住宅の外壁材の種類と特徴、メリット・デメリット
テレワーク・在宅勤務がもたらす住宅の作り方や暮らし方の変化
機能的で快適な水廻り 洗面/脱衣/洗濯室をつくるポイント
住まいの収納を新築やリフォームを機に見直してみる

 

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス ブログ

図面の見方というこのブログ記事がきっかけとなり本が生まれました。実例図面には設計事務所アーキプレイスで設計監理した住宅の図面が使われています。

>>実例図面を提供した「現場で役立つ建築図面 基本と実際」出版のお知らせ

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961


>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

 

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...