縁(えん)という奇跡 @前田敦

10年ほど前に「犬と住む家」という雑誌の企画で
“ミニチュアダックスフンドと住む家”という誌上コンペが行われ
採用された案が『スロープで家中を立体的に回遊する家』である。

この企画者は故坂本氏というライターの方で、
某ネットコンペでの私の落選案をとても気に入って下さった縁で
このコンペの参加を依頼された。

そして、この案が掲載された雑誌や私のホームページを見て
このコンセプトが気に入ったということでオファーを頂いたのが4件
その内3件はスロープという特殊な形態から
敷地面積が条件を満足しないため実現には至らなかったのですが、
4件目のクライアントさんはその条件を満たす土地を購入するということから
土地探しの段階から参画し、ようやく実現に至りました。

建築家として、これほど嬉しいことはありません♪
縁(えん)とは不思議なもので
落選案から、いろんな経緯を経て違った形で実現に至るという奇跡を
体験することができました。
たとえ落選案でも、他の人には心に響く名作であったりするわけです。

縁(えん)という奇跡を起せるように日夜精進を続けていきます!

前田敦
前田敦計画工房

前田敦  ばとろぐ記事

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...