インテリアデザイン設計のマンションリビング居間リフォーム

今週のリレーブログを担当しますギルド・デザイン一級建築士事務所の磯村です。

建築家というと大きな建物ばかりを設計していて、小規模な住宅の設計は、していないとお考えの方も、まだいるようですね。
ましてや、マンションのリフォームとなると、なおさらです。

クライアントのお話を伺うと、リフォーム専門の工事会社さんを訪ねて、工事会社やインテリアデザイナーに設計をおねがいすることが多いようです。
しかし、案外多くの建築家が、マンションリフォームの設計に携わっています。
最近では、リフォーム系のインテリア雑誌にも、建築家のリフォーム事例がたくさん載っているので、知っていただいている方も多くなっているとは思います。

リフォームというと、クロスを張り替えるとか、トイレ周りやお風呂、キッチンの取り替えなどの小規模なものを思いがちですが、スケルトンリフォームといわれる室内の壁や天井、床などを解体して構造だけにして、新しく間取りから仕上げまでを作り上げる規模の大きなリフォームまであります。

今回のバドログでは、比較的小規模なマンションリフォームの事例と、現在工事が始まったスケルトンリフォームの様子をご紹介したいと思います。

建築家が関わるリフォームとしては、生活スタイルからの提案をすることが多いので、比較的規模の大きなリフォームが多いと思いますが、リビングなどの一部屋だけとか、2部屋をいじってひと部屋にまとめたりとかの提案もしています。

下の写真は、リビングのリフォームをした事例です。
クライアントの好みや生活スタイルに合わせて、ただ白いだけだったリビングを、木質感やタイルなどで、少し素材感を感じられる落ち着きのある場所に変えたものです。

デザインして作りつけた椅子の天井部分には、同じ木材を使って下がり天井を作り、低く落ちつけるような場を考えています。

 

部分リフォームとしては、こんな事例もあります。

リビングの一部とDENや収納の一部を使って、茶道を教えることのできるお茶室(茶席)を作った事例です。

キッチンは、既存のままで、リビングダイニングに茶室をはめ込んだ感じです。
部分リフォームでは、水回りの位置も限られているので、茶道の動線処理が難しくなりますが、クライアントの使い勝手を優先させてデザインしています。
お客様は、リビングを待合にして、お席に入っていただく形です。

高層マンションでの茶席といのも面白いですね。席が終わって障子を開けると、地上を見下ろす別世界が開けています。

部分リフォームでは、インテリアとしてのデザインにポイントが置かれると思いますが、スケルトンリフォームとなると、もう少し違って、生活スタイルを検討したデザイン提案ができてきます。
次回はそんな現場の話をしたいと思います。

 

リフォームでお茶室を作った現場の様子はこちらからご覧になれます
「マンションの茶席」

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

著者情報

磯村 一司 + 政本 邦彦磯村 一司 + 政本 邦彦

磯村 一司 + 政本 邦彦 いそむらかずし まさもとくにひこ

株式会社ギルド・デザイン
一級建築士事務所

風や光、素材の扱い方、住宅としての生活のしやすさ、それらをバランスよく、シンプルでさわやかで心地よい、その上で、建主さんの考える一つ先のデザインを提案します。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...