31会で建った家

細長変形地の二世帯コートハウスのお引渡しをしました @石井正博+近藤民子

細長変形地の二世帯コートハウス』(SE構法・木造3階建・長屋形式)のお引渡しをしました。(1/31)

建主の方とは一昨年(2016)の春、横浜赤レンガ倉庫での建築家31会の家づくりイベント「 建築家31人×3works  vol.22」でお会いし、その後一緒に設計〜工事と家づくりを進めてきた長屋形式の都市型二世帯住宅です。

細長変形地の二世帯コートハウス』は、計画地にご要望の広さの住まいが計画できるか、家づくりにかかわる資金計画はうまくいくのか、などからはじまった家づくりでした。外構工事は残っていますが、お引越しにはなんとか間に合い、無事お引き渡しすることができました。詳しくは下のブログをご覧ください。

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

 

>>建築家31会の 設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)のページ

>>設計事務所アーキプレイスのブログ

>>Archiplace WEB

>>Archiplace facebook

細長変形地の二世帯コートハウスが着工しました @石井正博+近藤民子

昨年(2016)の5月、横浜赤レンガ倉庫での建築家31会の家づくり展でお会いした建て主の方と一緒に家づくりを進めてきた『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)。

少し前になりますが、工事会社と工事請負契約を結び、着工しました。狭小地ではありますが、配置確認(地縄確認)、地盤改良、捨てコンクリート、墨出しと工事は順調に進んでいます。

ここまでの設計経過については、設計事務所アーキプレイスのブログでご覧いただけます。また、ブログではこれからも工事経過を随時お知らせしていきますので、ご興味ある方は、ぜひご覧ください。

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

細長変形地の二世帯コートハウス』細長い敷地で光や風をとりいれるために建物中央に中庭やテラスを設けたコートハウスです。

 

中庭とともに、室内の広がりや採光において重要になる階段ホール部分は、1/20の模型を作って建て主の方にご覧いただきました。

>>建築家31会の 設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)のページ

>>設計事務所アーキプレイスのブログ

>>Archiplace WEB

>>Archiplace facebook

家族の歴史を継続するリノベーション@筒井紀博

31会の模型展がきっかけで始まったリノベーションが年末に無事、引き渡しを終えました。

築50年以上経つ木造住宅のリノベーションです。

クライアントの住む母屋と賃貸アパートの2棟をまとめて工事しました。

敷地は閑静な住宅街に位置し、2棟が挟むように広い庭が存在します。

以前は襖で細かく仕切られた個室の多い間取りでしたが、1F部分は広いリビング空間へと変更。庭に面して大開口を二箇所設け、光の降り注ぐ明るいリビングとなっています。広いデッキテラスがあり、屋外空間との一体感も感じられるような間取りとしました。

2Fは個室が配置され、小屋組を露わにした天井によって家族の歴史を感じることができます。

耐震補強も施し、現代の建築基準に合致する体力をもたせています。設備機器類も一新させ、現代の快適さをもつ建築となりました。

家族の歴史を継続しながらも安心して快適に暮らせる住まいへ。この先も長い年月、家族とともに成長し、様々な思い出を刻んでゆく空間となりました。

細長変形地の二世帯コートハウスの基本設計が完了 @石井正博+近藤民子

昨年(2016)の5月、建築家31会の家づくり展でお会いし、一緒に家づくりを進めてきた『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の基本設計が完了しました。

三方向を囲まれた細長変形敷地での計画のため、初期段階より近隣の建物を入れた敷地模型を作って検討。南西側に空いている空間を生かすように、テラス(1階)とデッキテラス(2階)の外部空間を設けています。

1階世帯はコートハウスで、木製格子で囲んだテラスと段差なく繋がります。

2・3階世帯は、ダイニングキッチンとリビングが階段を挟み緩やかに繋がります。

二世帯住宅(長屋形式)であること、変形の狭小敷地で法的規制が厳しいこと、資金計画を並行して進める必要があったことなどから、通常より時間がかかりました。これから見積りや工事に向けて、より細かい部分の設計(実施設計)に入ります。

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

>>設計事務所アーキプレイスのブログ

>>Archiplace WEB

>>Archiplace facebook

31人展でスタートしたプロジェクト『細長変形地の二世帯コートハウス』の紹介です@石井正博+近藤民子

31人展でスタートしたプロジェクト『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の紹介です。

建築家31会の横浜赤レンガ倉庫での家づくり展「建築家31人×3works  vol.22(建築家31人×3作品の模型展)」で出会った方の二世帯住宅で、これから設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)と一緒に家づくりをしていくことになりました。

%e7%b4%b0%e9%95%b7%e5%a4%89%e5%bd%a2%e6%95%b7%e5%9c%b0%e3%80%80%e5%9b%b3

敷地は都心の住宅密集地にあり、三方向を建物に囲まれた細長い変形敷地です。南西方向にある唯一 ”抜け” を生かせる位置に外部空間(コート、デッキテラス)を設け、周囲の視線から内部を守りながら居住環境を高めています。
住宅密集地でありながらも自然の光や風を感じながら暮らせるようにしたコートハウスで、音楽が趣味の共働きのご夫婦と子供さんの世帯と、愛猫と暮らす叔母さまとの二世帯住宅です。

%e7%b4%b0%e9%95%b7%e5%a4%89%e5%bd%a201_819

%e7%b4%b0%e9%95%b7%e5%a4%89%e5%bd%a209_837

ssssp1000841 ssssp1000847

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

>>設計事務所アーキプレイスのブログ

>>Archiplace WEB

>>Archiplace facebook

1 / 512345