丁寧に解体する建替えできない木造住宅スケルトンリフォーム

今週のばとろぐを担当しますギルドデザイン一級建築士事務所の磯村です。

建替できない家というのは、大体築年が古く、今回ご紹介している「建替できない家」も天井裏から出てきた棟札には、昭和43年の書き込みがありました。築年数は、48年になります。

これだけ古い建物だと、木造部分の腐朽やシロアリの害があるのが常ですし、構造的には、木造部分の耐震性はいうまでもなく、基礎の考え方も、全く今とは違っているはずです。
設計前に和室の畳を上げて確認した時には、思いの他きれいなコンクリートのように思えたのですが、やはり解体されると問題点は見えてきました。

IMG_9166隣地境界との間が狭く、覗くこともできないエリアの多かった、この「建替できない家」では、堆積した土により、土台と地面がほとんど同じレベルで、通気も悪いために、土台は腐り落ちている状態でした。

 

 

 

IMG_9152そんな場所にある柱は、足元がなくなっていました。柱は、もう2階を支えているわけではなく、ぶら下がっているだけです。大きな地震が来たら大変なことになっていたかもしれません。

 

 

 

 

IMG_9163

IMG_9162

 

 

 

 

 

基礎は、48年も前のものとなれば、鉄筋の入っていないコンクリートです。20年くらい前までは、無筋コンクリートの基礎も一応認められていたのですが、コンクリートの劣化や圧縮力だけでない力が加わるところは、このようなクラックが入ってしまいます。

かつての基礎の考え方は、今とは違っていているからですが、これでは、基礎によって建物を一体化するなんてことは、とても考えられません。

案外、少し古いだけの建物でも、こんな状態になっている基礎があるかもしれません。

IMG_9154柱の一部ではシロアリの害も見られました。今はもういないようですが、かなり食われてしまっています。柱は取り替えが必要です。

 

 

 

解体することで、問題はたくさん見つかっています。

ただ、木造の素晴らしいところは、これらの問題を、ある程度の費用はかかるものの、修正していけるところです。

磯村一司+政本邦彦
ギルド・デザイン一級建築士事務所

「リフォームリノベーション」関連解説記事

「再利用」関連解説記事

「構造・耐震」関連解説記事

磯村一司+政本邦彦  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...