駐車場ガレージで傾斜雨浸水寸法で失敗しない注意点

坂道に面した敷地で道路よりも少し高くなっています
ここにビルトインの駐車場を2台分設けたいという希望

私が計画する前に数社の提案を受けていたのは
敷地が上がっている事を活かしての地下駐車場を地下あるいは半地下に設けて道路からはスロープダウンする

よくある考え方ですが、施主とよく話をすると将来スポーツタイプの車に乗り換えたいとの事、
だとするとこの駐車場スロープはかなり緩やかでないと車高の低い車は出入りできません

 

また、近年の豪雨を思い浮かべると雨水の処理をする事は必須ですが

計画上、避けられるなら避けたい

という訳で今回は家庭用の二段式駐車場を組み入れる事にしました

 

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...