時間のデザイン 1日 西日を避ける @滝川淳

家は太陽と共にあり、方位をいつも気にします。
「すまいは夏を旨とすべし」と兼好法師も言っているように、
夏の住まいを快適にするために庇を設けたり、風通しを良くしたり
するのは設計の基本中の基本です。

しかし一日の中でもほぼ水平に差してくる夏の西日は半端なく強烈なので
設計上の工夫で回避するというよりは
通風のための小さな窓をのぞいて西の方角に窓は設けません。

数年経った家を訪ねていつも気になるところは西日を直接受ける木の素材。
明らかに他の方角とは劣化具合が異なります。
浸透性塗料を使っている場合は、西面だけひんぱんに塗ってもらうことを
おすすめしています。

それでも1日の中で夕日を見る時間がとても好き!というクライアントや、
夏の夕方に西から風が吹いてくるといった敷地の特性がある場合は
窓にはLow-E複層ガラスを使う、
遮光性のあるブラインドを用意する、
少し離れたところに、視線を遮らない程度の塀や腰壁を設ける、
といった方策で開口部を実現します。

いくつかの方策を講じた西向きのオープンスペースは、
プライバシーを重視した静かなスペースが出来上がります。

写真は里山の風景を見ながら夕日を楽しむための2階デッキ。
腰壁や庇で切り取られた横長のビューを確保することで、
適度な遮光性と解放感を実現しています。

%E6%BB%9D%E5%B7%9D02[1]

滝川淳+標由理
コネクト 一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...