時間のデザイン 15年 こども部屋はいりますか @滝川淳

人生の中で家づくりを始めるタイミングとして最も多いのが
子育てがスタートして数年、という時期ではないでしょうか。
夫婦二人だけの生活から、だんだん大きくなってくる子供を見ながら
生活の基盤としての家を考え始めるのです。

目の前の事象として「こども部屋」もしくはこどものためのスペースを
どうするかが主題になるのは当たり前のことです。
しかしながら、よく考えてみると同じ屋根の下でこどもと過ごす期間は
長くて20年、短い場合は15年以下という家族もあるでしょう。

そう、こどもが自立して家を離れるようになってからの時間の方が
圧倒的に長いのです。
「お子様は何人ですか」という質問と同時に「こども部屋は必要ですか」
と聞くのはそのような理由からです。

面白い事例があります。
30坪を切る延べ床面積の中に、ダイニングは別にしてリビングだけで
22畳のホールのような部屋が確保できた、こども二人のいるご家族の家です。
この家のポイントはこども部屋が無いこと。
正確には本棚を隠すように置かれた建具を移動することで、
リビングの一部にこども部屋を作ることができるように考えてあるのです。

こどもの成長を見ながらそろそろ個室が必要かなと感じるようになったら、
建具を移動することで、5畳程度の個室を1つ、もしくは4畳の個室を2つ
作ることができるようになっています。
写真の中央左手にある4枚の建具がそれです。

こどもが巣立ってからリフォームができるような骨格で設計しておくことも良いでしょうし、
またはこの事例のように最初からこども部屋はテンポラリーなものに限定しておき、
空間を広く使うことも考えられるのです。

%E6%BB%9D%E5%B7%9D06[1]

滝川淳+標由理
コネクト 一級建築士事務所

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...