スキップフロアの家づくり @幸田 真一

家づくりの時に必ずお施主様から質問のあるキーワードがあります。
「スキップフロアってどうなんですか?」
家づくりの情報を集めている中で皆さん写真等を拝見して興味を持たれるようです。
スキップフロアの住宅は敷地条件から必然的に選択する場合や、意図的に作り出す場合があります。
それぞれの事例を見ていきましょう。

 

敷地条件から採用する場合

 

例えば道路面より敷地が1メートルほど高い敷地の場合、
道路側は車の出入りや玄関へのアプローチのために土地を掘削することになります。フラットに全てを掘削すると地下工事が多くなりコストが非常に高くなったりしますので、敷地奥の部分は通常基礎で床を作るのです。こうすることで住宅の中で床が半階ズレるような空間構成が生まれます。

 

事例1 半地下を利用したスキップフロア

 

 

図面の事例の場合は向かって右が道路でフラットにアクセスします。
狭小敷地のため高さをフル活用するために半地下掘り込んでいる事例です。
半層ずつを繋ぐ階段室をオープンに作り空間に取り込むことでより広い空間として認識できるようになります。

 

 

事例2 敷地高低差を利用したスキップフロア

 

 

こちらの図面の事例は左側が道路となり、敷地が1.5メートルほど上がっています。
この半階のズレをうまく利用することで、上階のLDKはワンフロアながら空間ごとに床がスキップし様々な場を作り出しています。

 

 

意図的に作り出す場合

 

敷地条件と関係なく、広いLDKの中でリビングの床を40センチほど下げたり、上げたりすることで空間にメリハリをつける場合もあります。高低差をつけることで天井が高くなったり、落ち着いた空間が出来たりと空間が視覚的にも変化するので、均一な空間より広がりを感じることができるようになります。

 

 

写真の事例はリビング部分の床をダイニングより30センチほど上げた例です。一段上がった舞台のようになることで、食事の後の家族の団欒の場所という性格付けを意識しています。

 

まとめ

 

それぞれの事例の写真を見てもらうとわかるように、やはり空間に動きが出て魅力的な空間に見えるかと思います。
壁や建具で仕切るだけではなく、フロアの高低差を利用した空間の仕切り方も家づくりにおいては大切な手法の一つです。



>>幸田 真一/幸田 真一建築設計事務所 建築家31会のページ
>>幸田 真一建築設計事務所のHP

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...