地鎮祭 @ 小林眞人

地鎮祭はどうしたら良いですか?

というご相談をよく頂きます

地鎮祭とは、工事を始める前に、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式でこれには神式と仏式があります

一般的には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されていて、安全祈願祭と呼ばれることもあります

一般的には神式で行われ、神社から神主さんに来ていただいて、儀式を行います。
従来はその土地の地元の神社にお願いするのがほとんどでしたが、近年では

場所を問わず対応してくださる神社・神主さんもいらっしゃいます。

 

式次第や内容もその神社・神主さんによって違うものなので

何を準備する必要があるのか?神主さんへのお礼(玉串料・初穂料)なども

直接神主さんに伺うのが良いでしょう。
(伺わないと判らない事が多いので 失礼 だとか思う必要はありません)

敷地内にある井戸を埋める場合などにはそのお祓いを合わせて行います。

一方で地鎮祭をしないケースも多くあります

それは宗教的な考えによる場合もありますし

日程調整や費用の観点からの場合根本的な考え方による場合 色々ですが

地鎮祭をするしないはご自分の判断次第で構いません

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

 

 

 

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...