江見海岸のガレージハウスのリノベーション @松永基

築30年以上のビーチハウスのリノベ―ションです。

この一画は当時の開発ですが、道路が今の基準を満たしてないので、再建築が不可能となっています。そこで10数年使っていないビーチハウスを全面のリノベーションして新しくガレージハウスとしました。1階はガレージのみ・・趣味の空間です。ガレージを入り口から庭まで繋がっています。通り抜けれるので庭やガレージの使い方が広がります。

2階はシンプルなワンルーム、大き目のデッキと一体の空間は海と一体になれます。

ロフトには固定階段で登り、寝床として利用してます。

ガレージで過ごす時間、デッキで過ごす時間、海と過ごす時間・・・ライフスタイルが変化する現在、海のすぐ横で潮騒の音を聞きながら過ごす時間はとても大切だと思います。コストも1500万円程度・・時はお金には換算できませんが、様々な可能性を見いだせました。

 

 

著者情報

松永 基松永 基

松永 基 まつなが もとし

有限会社エムズワークス

建築をすることは、単に建築を造ることではなく、 人と出会い、語り、思考し、そして、創造することと考えています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...