建築家と建てる注文住宅の楽しみ方@幸田真一

今週のリレーブログを担当する幸田真一建築設計事務所の幸田です。
今日は設計の中でデザインのきっかけとなる着眼点のお話をしたいと思います。

住宅をデザインするとき、敷地環境やその場所にしかない、特異の要素に影響を受けてデザインがまとまる時があります。

弊社で手がけた、都内の農家の大きな敷地内に子世帯用の住宅を依頼された時もそうでした。

 

敷地写真

設計を始める前に訪れた敷地の写真がこちらです。

写真手前に映る古くなった農具小屋を取り壊し、10メートルの高さはあろうかという保存樹木を避けながらの配置計画。

昔の門の跡形がそのまま残っていたり、その奥には白い蔵が写っています。

 

蔵

近くで見る蔵はそこまで大きくはありませんが、壁と屋根の構成がとても美しい形です。

初めて敷地を訪れたときのこの屋根勾配の印象が無意識のうちにデザインに影響を与えていたのかもしれません。

 

外観2

敷地内でこの蔵と対面する位置に計画する住宅は、この蔵の存在と自然と馴染み、

既存の石畳や保存樹木の中に佇みたいなあと考えました。

提案した住宅は、白くシンプルな家形のシルエット。

石畳を挟んで新旧の建物が向かい合うこの空間が素敵な雰囲気になりました。

 

人工芝

一方で、蔵とは反対の子世帯庭側の外観はセメント板やガラス手摺、ブラックカラーで素材感の対比を感じれるようにメリハリをつけています。

庭で振り返ったときに自分の家を見てニヤついちゃうようなコーディネイトを狙いました。

建築家と建てる注文住宅だからこそできる家づくり。そんな醍醐味が感じられる事例でした。

 

著者情報

幸田 真一幸田 真一

幸田 真一 こうだ しんいち

幸田真一建築設計事務所

「どのような暮らしをしたいかを考えること」 家づくりで大切なのは、大切な家族とどのような暮らしをしたいかをたくさん想像することです。 降り注ぐ柔らかな光を感じ、微かに感じる風の匂い。庭先の四季の移ろいに癒される、そんな心地よい暮らし方です。 私たちとの家づくりはそのような建主の想いから始まります。その思いが言葉となり、空間となっていく過程は設計を専門職とする私たち建築家とだからこそできる、家づくりです。 明るくて気持ちのよい家。安全で機能的な優しい家。そして、あなたらしい家。私たちは何一つ欠くことなく、あなたの目線と同じになって家づくりを楽しみます。 "あなたにとって良いデザインと良いおもてなしを。"

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...