設計雑感(四季) @前田敦

ヴィヴァルディの四季「春」は
学生時代に先輩のお手伝いで連日の徹夜明けにコーヒーを飲むときに聞いていた曲なので
あまりいい想い出が無く、個人的には「冬」のほうが好きである。

四季といえば、個人的には劇団四季がお気に入りで
「キャッツ」「オペラ座の怪人」「ライオンキング」を楽しませていただいた。

010920bc

演劇そのものも面白いのだが舞台装置が凄く面白い!
キャッツのスタートは巨大な靴がドカ~ンと目の前に登場する。
その靴が在ることによって、人間の大きさがリセットされる。

つまり猫のスケールに立ってものを見ると、
靴がこんなサイズに見えるというスケールが再設定されるのである。

建築家も実際の1/50とか1/100という小さなスケールで、クライアントにプレゼンテーションを行うが、
キャッツの場合は逆に大きなスケールになるところが興味深い。

建築以外の他分野の文化との交流って、共に空間表現であっても視点が異なるので面白いものです。

前田敦
前田敦計画工房

前田敦  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...