住まいの採光と通風(住宅の日当りと風通し) その1 @石井正博+近藤民子

今週の“リレーブログ”を担当する石井正博+近藤民子設計事務所アーキプレイス)です。男女それぞれの視点を活かして、暮らしやすさ(採光と通風、家事動線、収納など)とデザインのバランスのとれた家づくりを目ざし、「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマとして設計活動をしています。

今回の “リレーブログ” では、住まいにとって大切な「採光と通風(住宅の日当りと風通し)」について、数回に分けて書いていきます。

1.夏の陽射しと冬の陽射し

自然の光を住まいに有効に活かすには、夏と冬の陽射しの違いを理解して、夏の陽射しは遮り、冬の陽射しは取込むことが大切です。夏の正午の太陽高度は78度と高く、真上から光が射してくる感じですが、冬は32度とぐっと低くなります。そのため、南側に主開口を設け、その上に庇や屋根を設けることができれば、強すぎる夏の直射光は遮ることができ、室内に暖かさをもたらしてくれる冬の陽射しは室内奥深くまで取込むことができます。
狭小地の場合など、庇や屋根をもうけることができないこともあります。その場合は、窓の大きさを絞ったり、外側の格子で光を和らげたり、明るさを確保しながら熱の元となる光を入れない工夫を施します。ガラスには熱線を半分程度に軽減できる遮熱タイプのLow-Eガラスを使います。

また、南面以上に気をつけたいのは、夏の西日対策です。横から光が射してくる西日は、庇や屋根では防ぎきれないため、西日のあたる窓は必要以上に大きくしないことが大切です。大きい窓を設ける場合は、外側に袖壁や格子を設けるなど直射光をなるべく遮ります。ガラスには遮熱タイプのLow-Eガラスを使います。
西日を遮るように落葉樹を植えることができれば、夏の陽射しは遮り、冬の陽射しは取込むことができるので、内部環境にはとても有効です。

archi22

写真は、南側に向けて大きく開き、外側に外部空間(デッキテラスとテラス)を設け、その上に大屋根をかけた住まいです。大屋根が真夏の強すぎる陽射しやを遮り、内部の環境を守ります。西側に設けた和室や袖壁は、西日を遮る役目も果たしています。

>>白山の家

IMG_7678sss

敷地の南西側に設けたコート(庭)をL字型に建物で囲ったコートハウスです。1.2m張り出した2階のベランダが南の陽射しを遮ります。また、正面のリビングの窓は南西側に開いていますが、緑豊かなシンボルツリー(アオダモ)が陽射しを遮ってくれます。

>>蕨市のコートハウス  >>同 ブログ

住まいの採光と通風(住宅の日当りと風通し) その4
住まいの採光と通風(住宅の日当りと風通し) その3
住まいの採光と通風(住宅の日当りと風通し) その2
住まいの採光と通風(住宅の日当りと風通し) その1

住宅の玄関ドアや玄関引き戸をオリジナルで作ってみよう
住宅の外壁材の種類と特徴、メリット・デメリット
テレワーク・在宅勤務がもたらす住宅の作り方や暮らし方の変化
機能的で快適な水廻り 洗面/脱衣/洗濯室をつくるポイント
住まいの収納を新築やリフォームを機に見直してみる

 

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ

ARCHIPLACE Facebook

>>archiplacejapan Instagram

>>You Tubeチャンネル archiplacejapan

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961


>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...