ウッドショック @ギルド・デザイン磯村

今週のリレーブログを担当するギルド・デザインの磯村です。

現在、住宅計画をされている方なら、この「ウッドショック」は、気がかりなワードですね。工事契約をしようとされている方、さらに、契約はしたのですがという方は、もっと深刻かもしれません。

コロナ禍によるアメリカのリノベーション需要から、コロナ後の景気回復を目指した低金利、中国の堅調な景気、来年からのロシアの原木の輸出禁止政策、コロナによる物流の混乱やスエズでの事故など、かなり複合的な様相があるようで、金融的高騰を招いているのではないかと考えられています。
実際には木材がないわけではなく、バブル的な高騰という側面が強いということのようです。

大手プレカットメーカーの話では、そろそろ入荷も正常に戻るとみているようで、現在8割程度に抑えている受注も、徐々に回復させるそうです。ただ、価格的にはしばらくは高値が続く見通しのようです。

 

ギルド・デザインで設計した住宅も、まさにその真っ只中です。

4月初めに工事金額が決まり、ゴールデンウィーク明けからの着工予定だった住宅が、木材入荷の目処が立たなくなり、基礎工事を終えたところで止まってしまいました。

4月頃、木材価格としては、梁などの構造材の不足と値上がりで、1軒の住宅では、3〜40万程度と言われていたものが、工事を止めていたひと月ほどの間に、構造材だけでなく、木材費全体の5割もの価格アップが現実となってきたようです。

木材費用は、一般的に住宅なら工事費10%程度。300万程度でしょうか。この金額の5割アップは工務店にとっては大問題です。

この住宅の工務店さんも、なんとか施主への負担なく対応しようとしてくれていますが、中小工務店にとっては、大変な問題になっています。

このような状況がすすむと、クライアントへも報告の上で、クライアントの不利益にならない範囲で、設計としてもなんらかの対応が必要だと考えています。
これから見積もりを依頼する住宅については、なんらかの合意書を作成の上で、工事契約をする必要がありそうです。


 

 

著者情報

磯村 一司 + 政本 邦彦磯村 一司 + 政本 邦彦

磯村 一司 + 政本 邦彦 いそむらかずし まさもとくにひこ

株式会社ギルド・デザイン
一級建築士事務所

風や光、素材の扱い方、住宅としての生活のしやすさ、それらをバランスよく、シンプルでさわやかで心地よい、その上で、建主さんの考える一つ先のデザインを提案します。

− 最新イベント情報 −

8/3(tue)16:30~ インスタライブ開催 フローリング東京工営&建築家31会

8/3(tue)16:30~ インスタライブのお知らせ フローリングの東京工営さんを建築家小林真人が訪ねます。 #建築家31会 @sanichikai 《出演》 東京工営 : 建築家31会:小林真人(小林真人建築アトリエ) ————————————— 家づくりにおいて関心の高い素材、フローリング。肌に触れ、インテリアのイメージを左右するフローリングは、こだわりを持ち、納得の上で、好きなものを選びたいもの。木の種類や特徴、無垢と複合フローリングの違い、張り...