自然や四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 3 @石井正博+近藤民子

今週の “リレーブログ” を担当している、設計事務所アーキプレイス石井正博+近藤民子です。 「自然や四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ」三日目は屋上にテラスのある住まいです。

坪庭さえ造ることができない狭小の敷地であっても、屋上まで上がれば、地上では得難い開放感を味わうことができます。特に都市部では屋上にテラスを設ける住宅が増えていますが、郊外の住宅であっても屋上テラスにはまだ開拓されていない魅力が潜んでいるように感じます。

東京タワー_0082t

東京タワーと桜の見える家』[写真:ODELIC施工事例]のテラスは、都心の敷地いっぱいに建てた3階建て住宅の屋上テラスです。建物を建てることのよって生まれたもう一つの地面(屋上テラス)には、燦々と光が降り注ぎ、遮るものもないため風がよく流れ、地上では味わえない開放感に浸れます。また、都心ならではの夜景も楽しめます。

5層なのに22_0447

5層なのに3階建ての家』のテラスは3階建スキップフロアの最上層に設けた屋上テラスです。3方を囲まれた住宅密集地に建つこの住まいで、唯一周囲の視線を気にすることなく自然とふれあえるこの屋上テラスは、子供達の遊び場でもあり、共働きご夫婦が仕事で疲れた体と心を癒してくれる場所にもなっています。
ちなみに、先日、世界遺産に登録されることが決まった国立西洋美術館。世界に散らばる他の17の建築とともに、近代建築の三大巨匠の一人である建築家ル・コルビュジェ(Le Corbusier)が手がけたものですが、実は、「屋上テラス」はル・コルビュジェが提唱した「近代建築の五原則」の中に「屋上庭園」として登場しています。都市化していく近代社会の中で、地表から離れた建物の屋上を庭園として、人と自然がふれあえる空間として利用しようと考えたわけです。
《近代建築の五原則》 1.ピロティ 2.屋上庭園 3.自由な平面 4.水平連続窓 5.自由な立面 ル・コルビュジェは国立西洋美術館にも屋上庭園を設けていて、開館当初は来館者に開放されていたそうです。上野公園の緑に囲まれ、空が近く感じられる屋上庭園を、世界遺産登録を機にぜひ、復活させてほしいものです。

四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 3 屋上にテラスのある住まい
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 2 2階LDKと繋がるテラスのある住まい
四季を感じるテラスのある暮らしのすすめ 1 1階LDKと繋がるテラス(デッキテラス)のある住まい

住宅の玄関ドアや玄関引き戸をオリジナルで作ってみよう
住宅の外壁材の種類と特徴、メリット・デメリット
テレワーク・在宅勤務がもたらす住宅の作り方や暮らし方の変化
機能的で快適な水廻り 洗面/脱衣/洗濯室をつくるポイント
住まいの収納を新築やリフォームを機に見直してみる

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ

ARCHIPLACE Facebook

>>archiplacejapan Instagram

>>You Tubeチャンネル archiplacejapan

お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net
建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917
Tel : 03-6869-1961


>>建築家31会 HP
>>建築家31会 Facebook

 

 

著者情報

石井 正博 + 近藤 民子石井 正博 + 近藤 民子

石井 正博 + 近藤 民子 いしいまさひろ こんどうたみこ

設計事務所アーキプレイス

「敷地とライフスタイルを活かした家づくり」をテーマに、暮らしやすさ(温熱環境・家事動線・収納計画など)、デザイン、コストのバランスのとれた質の高い家づくりを建て主の方と一緒にめざします。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...