家具とすまい @小林真人

今週のばとろぐを担当させて頂きます、小林真人です。

今回は『家具とすまい』についてお話させて頂こうと思います 。

住空間において家具というのは、その場所にアクティビティを生じさせるための重要な存在であり、家具の存在があって初めてその場所が本来持つ空間としての役割を果たす事が出来るといえるでしょう。もちろん素材感や色、形状の相性もあります。このように密接な関係にある「住宅」と「家具」は空間デザインをする際、出来れば一体的にデザイン・計画する事で家具にとっても住宅にとっても最も良い関係性を作れればと思っています。

今日はそんな関係性がわかりやすい事例を一つご紹介したいと思います。

06 LDK2 05 LDK1

こちらはアメリカ人のお住まいで、お施主様が元々持っている家具に、これから新しくそろえる家具、ご主人の掛け軸や壷などのコレクション、それらすべてをお部屋のどこに配置しどう見せるのかを考えながら計画そのものを進めました。建築空間の中に光をどう取り入れ、空間の素材は何にするか、あるいは照明計画、それらも一体となって、ものと空間の最適な関係を設えています。

住まいを計画をする上で、「家具」について考える事からスタートする事も豊かな住空間を作るための一つのアプローチの仕方だと思っています。

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...