ちょっと待った!! メラミンスポンジ @ 小林眞人

みなさん、メラミンスポンジって何?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、いわゆる白スポンジとか激落ち君(これは商品名ですが)とか言ってる白いアレです。
100円ショップでも売れ筋定番商品ですね。

 

 

 

お家の定期点検などで伺った時に、実はあれを全く無意識に間違った使い方をしてしまって問題を起こしてしまっているケースが意外に多いので、お知らせしておいた方が良いと思った次第です。

普通に擦ったり、洗剤をつけてもなかなか落ちない汚れを簡単に落とす事ができ、日常生活でかなり便利に使われていますが
メラミンスポンジがなぜ汚れが良く落ちるかというと、一般的なスポンジと違ってメラミン樹脂から作られた一種の研磨剤で汚れを削り落しているのです。

 

研磨剤ですから表面がこれより柔らかいものは汚れと一緒に表面にも傷をつけ、
あるいは削り取っていってしまうので、ここが問題になる訳です。

 

お家のメンテナンスで使ってはいけない、気をつけないといけない箇所を
具体的にいくつかあげてみます

①『艶のあるステンレスシンクなど』
②『コーティングされているフローリング』『塩ビ床シート』『トイレの便座や蓋』
  『曇り止めコーティングされた鏡』
③『樹脂製の浴槽』『樹脂製の洗面カウンターやボウル』

 

①細かいキズをつける訳ですから曇ってしまいます
②傷をつけ、曇らせたりコーティングを剥がしてしまいその機能を失ってしまいます
③艶のあるものは曇らせてしまうのはもちろんなのですが
艶のないもので水垢や汚れ落しなどに使い、表面を荒らしまった事でその後
余計水垢や汚れが付きやすくなってしまったというケースで
メンテナンスに伺ったなかで一番多い事例です

 

 

 

お家をキレイにお手入れしようと一生懸命お掃除をしたのに
逆の結果を招いてしまった! などという悲劇を招かないためには
素材や仕上げをしっかりと把握してから手をつける様にいたしましょう

>>小林 真人/小林 真人建築アトリエ 建築家31会のページ
>>小林真人建築アトリエのHP

著者情報

小林 真人小林 真人

小林 真人 こばやし まひと

株式会社 小林真人建築アトリエ

『バランス感』と『素材感』を大切にした建築を心がけています。 全体とディテール、都市との関係、実用と芸術・・・ シチュエーションに応じて取るべきバランス点を見極めたいという思いです。

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)11/14 ひなたの家 @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「ひなたの家」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 この住宅は、建築家31会の家づくりイベント「建築家31会 展示・相談会・ワークショップ vol.30 at 江東区文化センター」をきっかけにスタートした ご夫婦とお子さんのための住宅です。   都市区画整理事業が進む街の中の、鰻の寝床。 街の歴史がスタートしたばかりのような均質でフラット...