建物の耐震強度 その3 耐震構造基準の想定範囲 @北島俊嗣

新耐震構造基準によって造られた建物では、人命が損なわれるような被害に遭っていないことを説明しましたが、改めてその「想定範囲」について示しておこうと思います。

新耐震構造基準は、大震災(震度7位までであり、それ以上は想定されていません。また震度は7までで、震度8はありません)に見舞われた際、人命に支障なく屋外に避難出来るまで建物が崩壊しないこと が条件であり、建物が壊れず直ぐに使用再開出来るようにとはしていません。飽くまでも人命保護であり、それ以上に基準を高めることは経済的にも技術的にも困難と判断しています。

また、平成23年の東日本大震災では、地震の揺れの他に新たに人命を脅かす原因が確認出来ました。

(1) 津波

(2) 原子力発電所の事故による放射能汚染 です。

これらに対しては未だ、人命を確実に保護出来るように方策が施されていない状況です。

さらに、建物本体に支障はなくとも、天井が崩れ落ちたり、その他の家具等が倒れたりして人命が損なわれてしまったことがあります。建物本体ではない固定された部分を2次部材などと呼びますが、それらの設計設置基準も整備されつつあり、重要な建物を設計施工する際の新たに加味する部分です。

 

北島俊嗣
北島建築設計事務所

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...