彫刻家アトリエ工房展示ギャラリー絵画教室併用住宅

住まいや建物への悩みごとは、誰に相談して良いか判らないことが多いと思います。その様なとき、身近な不動産屋さんや工務店さんにお話しすることを思い浮かべてしまうのが普通かもしれません。建て主様の財産を守り、相応しい解決策を相談出来るのは建築家(設計事務所)です。

生活スタイルの提案―府中の彫刻家の家

DSC_3807-

石彫刻のアトリエ

住まわれる方は若い石の彫刻家です。ご相談の当初は「石を彫る野外のアトリエと、雨露がしのげる最小限の住まいがあれば良い」というご要望でした。

石を彫る場所は、砂利を敷き詰めた前庭で行います。石の破片が地面に落ちて、無機質だった砂利が着色されていくようにしました。

石を展示する彫刻庭

広く確保した前庭には塀を巡らせて、手前に彫刻作品を並べて展示します。建物本体の縁側テラスから、彫刻作品を眺めて楽しめるようにしました。

DSC_3340- DSC_3283-

展示ギャラリーになるリビング

室内のリビングは天井高さの高い吹抜け空間にしました。

天井の高い空間にすることで、美術品を展示して鑑賞出来るギャラリーにもなれるようにしました。縁側テラスとつながって、敷地全体が展示ギャラリーになれるようにしました。

 → 関連解説記事「彫刻家のアトリエ工房と展示ギャラリーの家」

絵画教室を開くリビング

天井の高いリビングは、複数の人が集まって開く絵画教室にも狭さを感じさせないスペースとして利用出来ます。面積は広くなくとも、高さを増すことで、空間の容積を豊かにして工夫しました。

折角の広い敷地でしたので、石を彫るアトリエ工房という機能だけでなく、リビングやテラスが美術作品を楽しむギャラリーになったり、彫刻家ご本人が先生になって絵画教室になったりと、人々が集う場になることを提案しましたところ、「そんな発想はなかった、目からウロコが落ちた」と大変喜んでいただいて実現した多機能なお住まいです。

単なる形の提案だけでなく、生活スタイルまでも提案させて頂いたお住まいです。

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...