彫刻家アトリエ工房展示ギャラリー絵画教室併用住宅

住まいや建物への悩みごとは、誰に相談して良いか判らないことが多いと思います。その様なとき、身近な不動産屋さんや工務店さんにお話しすることを思い浮かべてしまうのが普通かもしれません。建て主様の財産を守り、相応しい解決策を相談出来るのは建築家(設計事務所)です。

生活スタイルの提案―府中の彫刻家の家

DSC_3807-

石彫刻のアトリエ

住まわれる方は若い石の彫刻家です。ご相談の当初は「石を彫る野外のアトリエと、雨露がしのげる最小限の住まいがあれば良い」というご要望でした。

石を彫る場所は、砂利を敷き詰めた前庭で行います。石の破片が地面に落ちて、無機質だった砂利が着色されていくようにしました。

石を展示する彫刻庭

広く確保した前庭には塀を巡らせて、手前に彫刻作品を並べて展示します。建物本体の縁側テラスから、彫刻作品を眺めて楽しめるようにしました。

DSC_3340- DSC_3283-

展示ギャラリーになるリビング

室内のリビングは天井高さの高い吹抜け空間にしました。

天井の高い空間にすることで、美術品を展示して鑑賞出来るギャラリーにもなれるようにしました。縁側テラスとつながって、敷地全体が展示ギャラリーになれるようにしました。

 → 関連解説記事「彫刻家のアトリエ工房と展示ギャラリーの家」

絵画教室を開くリビング

天井の高いリビングは、複数の人が集まって開く絵画教室にも狭さを感じさせないスペースとして利用出来ます。面積は広くなくとも、高さを増すことで、空間の容積を豊かにして工夫しました。

折角の広い敷地でしたので、石を彫るアトリエ工房という機能だけでなく、リビングやテラスが美術作品を楽しむギャラリーになったり、彫刻家ご本人が先生になって絵画教室になったりと、人々が集う場になることを提案しましたところ、「そんな発想はなかった、目からウロコが落ちた」と大変喜んでいただいて実現した多機能なお住まいです。

単なる形の提案だけでなく、生活スタイルまでも提案させて頂いたお住まいです。

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

著者情報

北島 俊嗣北島 俊嗣

北島 俊嗣 きたじま としつぐ

株式会社北島建築設計事務所

お客様の貴重な財産である土地や建物を第一に守り、 より美しくデザイン性の高い豊かな建築環境を実現しています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...