畳タタミ床の洗濯物取込み書斎家族の本棚ごろ寝の出来る小空間スペース

畳をテーマに第三回目のバトログです。

■ 事例3 ■ 床だとちょっとね ■

前回からけっこうポイントになっている、
畳だと直接寝たり座ったりできるけど・・・という意見が
そのまま取り入れられている事例があります。

一つ目

松庵の家_8831
撮影:新 良太

リビングの一角に畳の床・・・。
全体を見ると

松庵の家_8894
撮影:新 良太

こんな感じです。
正面の掃き出し窓の外はバルコニーで、
そこで干した洗濯ものや布団を置くのに床はちょっとね・・・
という話のなかから出てきたタタミスペース。
ちょっと寝たいときにもいいよねということで
その名も ごろりスペース と呼ばれています。

確かに、洗濯物取り込んでたたんだりするのに
たとう紙 に取り込んでそこでというのもありですが、
畳なら許せるというのは判ります。

松庵の家_8955
撮影:新 良太

夜はここでお酒を・・・(またですか)

事例2

自宅でも仕事をするというご主人のための書斎兼家族の本棚。
掘り座卓になっていて、仕事に疲れたらごろっとできる畳が希望でした。

床だと硬いんだよね、ごろっとしたいんだよ・・・。

もう畳しかないでしょ!

07 子 書斎
撮影:新 良太

こんな感じになりました。

で、このタタミ敷の書斎はどこにあるかというと、
こんな感じになっています。

15 子 リビングからダイニング(家具有)

リビングに面してちょっとだけ畳の空間が見えていて、
左手の白い壁の裏側が本棚になっています。
まわり込むと書斎といった構成です。

19 子 書斎(家具有)
撮影:新 良太

正面から見るとこんな感じで、一見畳敷の踏込床といった感じでしょうか。

家族の雰囲気が感じられるところに、隠れた書斎がほしいという要望を
こういった畳の使い方で叶えた例です。

ちなみに、サーモンピンクの左官壁の中は水廻りです。

床だとちょっと・・・ という希望をかなえるのに一番良かったのが、
畳 という素材感でした。

柔らかくてきもちよくて、
たっても座っても寝てもいい床材ってなかなか無いですよね。

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

「間取りプラン」関連解説記事

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...