畳タタミ床の洗濯物取込み書斎家族の本棚ごろ寝の出来る小空間スペース

畳をテーマに第三回目のリレーブログです。

■ 事例3 ■ 床だとちょっとね ■

前回からけっこうポイントになっている、
畳だと直接寝たり座ったりできるけど・・・という意見が
そのまま取り入れられている事例があります。

一つ目

松庵の家_8831
撮影:新 良太

リビングの一角に畳の床・・・。
全体を見ると

松庵の家_8894
撮影:新 良太

こんな感じです。
正面の掃き出し窓の外はバルコニーで、
そこで干した洗濯ものや布団を置くのに床はちょっとね・・・
という話のなかから出てきたタタミスペース。
ちょっと寝たいときにもいいよねということで
その名も ごろりスペース と呼ばれています。

確かに、洗濯物取り込んでたたんだりするのに
たとう紙 に取り込んでそこでというのもありですが、
畳なら許せるというのは判ります。

松庵の家_8955
撮影:新 良太

夜はここでお酒を・・・(またですか)

事例2

自宅でも仕事をするというご主人のための書斎兼家族の本棚。
掘り座卓になっていて、仕事に疲れたらごろっとできる畳が希望でした。

床だと硬いんだよね、ごろっとしたいんだよ・・・。

もう畳しかないでしょ!

07 子 書斎
撮影:新 良太

こんな感じになりました。

で、このタタミ敷の書斎はどこにあるかというと、
こんな感じになっています。

15 子 リビングからダイニング(家具有)

リビングに面してちょっとだけ畳の空間が見えていて、
左手の白い壁の裏側が本棚になっています。
まわり込むと書斎といった構成です。

19 子 書斎(家具有)
撮影:新 良太

正面から見るとこんな感じで、一見畳敷の踏込床といった感じでしょうか。

家族の雰囲気が感じられるところに、隠れた書斎がほしいという要望を
こういった畳の使い方で叶えた例です。

ちなみに、サーモンピンクの左官壁の中は水廻りです。

床だとちょっと・・・ という希望をかなえるのに一番良かったのが、
畳 という素材感でした。

柔らかくてきもちよくて、
たっても座っても寝てもいい床材ってなかなか無いですよね。

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

著者情報

菰田 真志 + 菰田 晶菰田 真志 + 菰田 晶

菰田 真志 + 菰田 晶 こもだまさし こもだあき

有限会社 菰田建築設計事務所

毎日を心地よく機能的に暮らせる建物。 街に調和しながら趣のある建物。 思わずニンマリ微笑んでしまう建物。 わくわくする建物。 そんな建物を生活スタイルや価値観を伺いながらひとつひとつ創ってゆきます。

− 最新イベント情報 −

11/26(fri)16:00~ インスタライブ開催 イゼナ&建築家31会

11/26(fri) 16:00~ インスタライブのお知らせ 冬暖かく夏涼しい住まい。家づくりでは、暖かさ、涼しさの「質」にも拘りたいものです! 温熱・涼熱を床下の「水」に蓄え、安定した室内環境を保持し、四季を通じた快適空間を広げる「水蓄熱アクアレイヤー」。 今回は、4年前に竣工した住宅にお邪魔して、蓄熱がある空間の冬の心地よさを体感し、エアコンや他の床暖房とは違う輻射暖房の感覚をライブでお伝えいたします。 是非ご覧ください。 ————————————— #建築家31会 @s...