将来の家族構成の変化を予想した間取りプラン準備設計

昨日のバトログでは、設計時に将来を想定し、ちょっと仕組んだことが役にたつということを書きました。

われわれの事務所では、特に子供室を小分けにしないことが多いです。
必要になったときに分けられるように準備をしておいて、
必要なときに最善の方法で活用しようという考えからです。
家具で分けても壁をたててもいいと思います。

最近はコンパクトな家がおおく、部屋をいっぱい分けると面積が足りなくなるというのも多少ありますが・・・。

下の実例はまだ 変化前 ですが、
2例あげてみましたのでご覧ください。

■太田窪の家■
http://www.archi-komo.co.jp/works_daitakubonoie.html

・土間に面して壁や家具などで仕切って部屋にできるように。
・2部屋にする場合は左右も真ん中で仕切るように想定。
・照明、コンセントは竣工時から2系統に分けてある。
・窓は2部屋にした時に両方に開くように分けている。
・将来エアコンを付けるときに2箇所対応できるようにスリーブとコンセントを準備

daitakubo

■カドノイエ■
http://www.archi-komo.co.jp/works_kadonoie.html

・吹抜に面した現在はオープンスペースとして使っている場所が将来のこどもスペース。
・ここも廊下を残して2部屋に分けられるようになっている。
・照明、コンセントは竣工時から2系統に分けてある。
・窓は2部屋にした時に両方に開くように分けている。
・将来エアコンを付けるときに2箇所対応できるようにスリーブとコンセントを準備

kadonoie

どちらも、必要になるまでは家族のスペースとして使っていて、
必要になったときに変化するようになっています。

将来子供が独立したときにはまた戻してもいいわけです。

その他にも、隣合わせの個室とリビングを
将来全部繋げられるように構造壁を配した 終の棲家 というパターンもあります。

せっかく建てる家ですから、
目の前のコトだけではなく先のこともちょっと考えて建ててはいかがでしょうか。

菰田真志+菰田晶
有)菰田建築設計事務所

建築家31会 からの お知らせ

来たる1月15日(月)〜21日(日)の7日間、豊洲シビックセンターギャラリーにて、建築家が実際に設計した住宅などの写真・模型を持ち寄って、家づくり相談会を開催します。

会場には建築家が設計した実例を展示して、建築家本人が居り、家を建てたいお客様の悩みや相談に応えます。

・家づくりをお考えの方
・敷地や予算に厳しい条件がある方
・建築家の話しを一度聞いてみたい方
・今相談している先に疑問がある方
・店舗や医院、賃貸建物を検討している方
・リフォームか建替えか迷われている方

客観的な視点からお客様の選択肢を提案して、より真っ当な内容と費用で実現していますので、この機会にどうぞご来場ください。

建築家31会 家づくりトークショー・展示・相談会 vol.27
日時:2018年1月15日(月)~21日(日)
会場:豊洲シビックセンター 1F ギャラリー

建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。

設計事務所というと、

・どこにいるかわからない
・誰を選んで良いかわからない
・とんでもないことをされてしまうのではと心配

そこで、私達の特徴として、31人(組) 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので、

・お客様が建築家を選べられる
・お客様に相応しい建築家を推薦出来る

と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。

どうぞ下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。お客様の予算やスピードに合わせて建築家を選んでいただき、希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

「間取りプラン」関連解説記事

菰田真志+菰田晶  ばとろぐ記事

建築家の実例説明トークショー
・二世帯住宅集まって住む家の設計事例 建築家説明トークショー
・都市東京に賢く家を建てて住む 建築家説明トークショー
・失敗しない住宅リフォームリノベーション 建築家説明トークショー

カテゴリー: 建築家ブログ”ばとろぐ”, 間取りプラン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です