スロープの家「土地探しからのサポート」@前田敦

スロープの家」はその特徴的な空間構成から、一般的な住宅よりも広めの土地が必要になります。

建築基準法では「階段に変わる斜路」の勾配を1/8以下にするように規定されています。つまり、1mの登るために8mの距離を必要とすることになり、一般的な住宅で考えますと約22〜24m程度の水平距離が必要となります。

土地探しの目安としては180m2は欲しいところです。

土地探しの手順としては、犬種や飼育方法をヒアリングして大まかな空間構成を考えます。このプロセスは今まで培ってきたノウハウが活かされるところです。

空間構成とそれをつなぐスロープを主動線とした動線のデザインをコンセプトモデルとして提案し、施主様が納得いただいた上で、それが成立する土地を探すという特異な方法をとります。


施主様が永住する予定の土地を探すので、概ねの希望エリア、交通条件、予算等を打ち合わせをして、提携している大手不動産会社に情報提供を依頼します。

数件の候補地がリストアップされると法規制を満足するラフプランを計画してみて、施主様に土地購入候補として提案します。

都市近郊では土地はとても高価な買い物なので、特に注意の必要なプロセスでもあります。行政との事前相談等を行った上で、その土地のメリット・デメリットを整理し、施主様の土地購入意志を確認します。
その候補地でのデメリット等を勘案しながら、不動産会社に値引交渉を含めて土地購入に向けて諸手続きを進めてもらいます。
建築家ならではの視点で不動産を観るので、家づくりに必要なポテンシャルを持った土地だあるかどうかを客観的に判断できるのです。

不動産会社は土地の売買が仕事ですが、建築家はそこで家を設計し、施主様の生活をサポートするのが仕事ですから、建築家と一緒の土地探しこそが施主様にとって有用なことであるかがご理解いただけたと思います。

スロープの家は土地探しからサポートする手法で3軒ほど実現しましたが、不動産会社と密な連携をとっているので、いずれも1ヶ月半いないで土地探しを完了しています。

土地探しから家づくりをサポートした模型写真の実例がご覧いただけます。
実録!スロープの家・卍(愛犬・愛猫家の家)

WEB紹介記事
・スロープの家・卍/Houzzツアー
・スロープの家・卍/fomifyドイツ
・スロープの家・SPAIRAL COURT/RENONAVI
・スロープの家・SPAIRAL COURT/fomify日本
・愛犬・愛猫と暮らす家/建築家紹介センター

BLOG:愛犬・愛猫と快適に暮らす/建築家:前田敦

 

 

 

 

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...