大磯の調剤薬局併用住宅建替えの売場内装間取りインテリア設計図

湘南大磯の東海道国道1号線沿いに建つ創業50年を超える「ことぶきや薬局」様は、建物の老朽化もあり、住宅部分も含めて建替えを計画されました。

建替えで求められるもの

薬局店舗の内装デザインのご依頼をいただき、同時に建物正面外観のデザインと、看板サインデザインのご相談もいただきました。建物全体は他のハウスメーカー様に設計+工事の一括方式で既に発注されていて、既存の薬局とは刷新する必要が迫られていた薬局には、新たな方針よる経営方針に合った外装・内装・看板が必要と考えられていました。

既存の薬局外観

既存薬局建物と新規薬局の大きな違いは、薬局店舗の直前にお客様用駐車場スペースを設けたことでした。歩道から約7メートル後退した薬局店舗の、内装間取りプランから検討されました。

薬局の間取りプランの比較検討

「ことぶきや薬局」様の課題は、

  • 処方箋を発行する医院が近隣にない
  • 国道沿いなのに薬局店舗前に駐車場がない
  • 薬局としての特色がない

というもので、建替えを機にこれらを解消したいと考えておられました。

駐車場の確保は早々に建物の位置を定めたことで解決しました。(今後に歩道切り下げ変更工事の交渉が思い通りにならず長引きました)

薬局としては、健康相談ができる薬局になることと、処方箋受付がスムーズでお待たせしない薬局になることにしました。離れた医院で出された処方箋をスマートフォンで送り、自宅に車で移動している途中でことぶきや薬局によるとすでに調剤はされていて待たずに薬が受け取れるという仕組みを作り、これまで薬局としての弱みだった部分を患者様の便利にすることで新たな薬局の経営方針に立てました。

そこで、薬局の内装間取りプランについて、考えられる全ての間取り・・・すなわち 調剤室・受付カウンター・待合・売場の位置のパターンを検討しました。

 → 関連解説記事「調剤薬局店舗の内装間取りプラン設計図」

検討されたプランの課題は、

  • 出入り口から受付カウンターが容易に認識できること
  • 売場面積が広く、商品がたくさん並べられること
  • 患者さんと薬剤師が相談できるカウンターが確保できること

などが主な課題となり、間取りプランが絞られて定められました。

結果、出入り口を入ると右側に調剤室があり、調剤室の手前にカウンターが設けられ、カウンターには受付・投薬・相談のカウンターが設けられた間取りプランになりました。

商品棚

売場の商品も、壁面棚・島型棚 が多く設けられることになりました。棚の長さが長くなったことで、患者様にお見せしたい薬をあえて縮小して絞り、ひとつひとつが綺麗に並んでいるようにして、患者さんから自然に相談を受けられるような雰囲気を創り出すことを目指されました。

 → 関連解説記事「調剤薬局店舗の健康相談と商品陳列壁面棚と説明表示」

 → 関連解説記事「調剤薬局店舗の医薬品商品の陳列並べ方と売り方」

天井高さと照明

幸い天井も高い天井にすることができて、面積とともに容積を多く確保できることになったので、豊かな空間の売場になれました。

 → 関連解説記事「調剤薬局店舗の売場商品用照明ライト」

 → 関連解説記事「調剤薬局店舗の売場天井高さ」

売場の照明は、天井にライティングレールを設けて移動型照明器具を取り付ける方式にして、壁面や床面全般を照らす器具と、商品を明るく照らす器具に分けて、全体が暖かく明るい印象になれるようにしました。

北島俊嗣
北島建築設計事務所

 

− 最新イベント情報 −

建築家サロン in 自由が丘 9th 9/28(土)・9/29(日) 開催のお知らせ

建築家サロン in 自由が丘 9th 9/28(土)・9/29(日)を開催いたします。 「建築家に相談するのは敷居が高いと思っていませんか?」 を合言葉に、建築家31会のメンバーがはじめた建築家サロン in 自由が丘。 今回は10組の建築家がご来場の方のご相談を直接お受け致します。 具体的なご相談はもちろん、まずは建築家と話をしてみたい、建築家の事例を見てみたい方など、まずは足を運んでみてください。 お茶でも楽しみながら、自由が丘のサロンでお話ししましょう。 ...