四季を感じる住宅の作り方@幸田真一

今週のリレーブログを担当する幸田真一建築設計事務所の幸田真一と申します。

今回は、家づくりを進める時に、大きなテーマでもある外部との繋げ方についてお話ししてみようと思います。

一日の中で多くの時間を過ごすことになる、リビング。

住宅街といえど、週末などには都会の喧騒を離れてリゾート感を味わいながら家族とゆっくり過ごしたい、というご要望をお持ちの建主様は多いかもしれません。

でも実際、具体的にテラスやバルコニーで何をするのだろうと、本当にお茶を飲んだり、バーベキューをするのだろうか、、とイメージのわかない建主様がほとんどです。おそらく、希望通りしつらえたテラスでバーベキューをするのは少数かと思います。

そう考え直した方は、テラス/バルコニーは無駄だからと言って設えるのをやめてしまう方もいます。

 

 

 

そんな時は、吐き出し窓から連続する外部を意識するだけでも心が豊かになるからと、事例写真をお見せしながらお薦めしたりします。

テーブルを置くスペースが必ずしも必要なのではなく、四季を感じる植物の匂いや、風に揺れる草木を見ながら縁側のような空間も贅沢なものです。

 

 

足湯を設けた例だってあります。

このご要望にはちょっとびっくりしましたが、ゆっくりと庭木を楽しむという仕掛けとしてはとても良いアイデアかなと思います。

 

外部との繋がりは地上レベルだけではないです。屋上にルーフバルコニーを設れば、広大な空を感じながらビールを飲む楽しみができます。

 

家づくりにおいて、生活動線や収納量も特に大事だけれども、

日々の住まいを豊かにしてくれるちょっとした「外部との繋がり」を取り込むことも、積極的に考えてみてはいかがでしょうか。

著者情報

幸田 真一幸田 真一

幸田 真一 こうだ しんいち

幸田真一建築設計事務所

「どのような暮らしをしたいかを考えること」 家づくりで大切なのは、大切な家族とどのような暮らしをしたいかをたくさん想像することです。 降り注ぐ柔らかな光を感じ、微かに感じる風の匂い。庭先の四季の移ろいに癒される、そんな心地よい暮らし方です。 私たちとの家づくりはそのような建主の想いから始まります。その思いが言葉となり、空間となっていく過程は設計を専門職とする私たち建築家とだからこそできる、家づくりです。 明るくて気持ちのよい家。安全で機能的な優しい家。そして、あなたらしい家。私たちは何一つ欠くことなく、あなたの目線と同じになって家づくりを楽しみます。 "あなたにとって良いデザインと良いおもてなしを。"

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...