建築デザインをCGで確認しよう @小林 武

我々建築家は日頃から空間の事を考え、図面という2次元での表現に慣れていますが、初めて家づくりをされる方などは図面から出来上がる空間が想像しにくい方が多くいらっしゃると思います。

 

KOB建築設計事務所ではクライアントに納得のいく空間を提供したいのでCG(コンピューターグラフィック)を駆使して一つ一つ丁寧に説明し、お互いの不一致がないように努めています。そこで今回は設計中に作成したCGを少しだけお見せしたいと思います。

 

CGをお見せする住宅は1階がRC造で2階、3階が木造の都市型住宅です。

 

【アプローチ】

この住宅の1階をRC造にしたのは車2台駐車の条件が大きく影響しています。そこで玄関までのポーチ空間がどのようになるのか説明したCGです。

 

【エントランス】

玄関を入り見える片持ち階段のイメージやコンクリート打ち放しなどのマテリアル検討で作成したCG。階段手摺のデザインもCGをいくつか作成してクライアントと決めました。

 

【LDK】

天井高さや窓の位置、光の入り方など、私が考えた空間を説明する為に作成したCGです。作り付け家具やオーダーキッチン、置き家具などの検討に役に立ちました。

CGを作成する事によりクライアントとの意思疎通が図れ、マテリアル(素材)の検討などに多いに役立ちます。空間と家具の立体的なバランスや光の反射など2次元の図面からでは、なかなか伝わらない内容もCGだとイメージがしやすくなると思います。注文住宅は土地形状、予算、希望などなど、まったく同じ家は存在しません。納得の出来る家づくりを安心できる建築家に依頼してみませんか?

尚、こちらのCGの家はKOB建築設計事務所のHPでご覧になれます。

著者情報

小林 武小林 武

小林 武 こばやし たけし

KOB建築設計事務所

たまには空を見上げませんか?たまには逆立ちしませんか? お気に入りの靴を履いて出掛ける時って少し気分がスゥーっとして気持良くなる事があります。 些細な事かもしれませんが,こんな[何と無く良いね]を常に考えて建築設計をしています。 この何と無く良いねと建物にかける費用は必ずしも比例しません。比例するとしたらその行為に関わる人たち(顧客・設計者・監理者・施工者)の発想や情熱また努力だと思います。 その中で私たちKOBは機能性・安全性・設計者の立場の独立性をまず第一に考え,それから一歩先にある心地よさや感動を求めて一つずつ丁寧に考えて皆様の期待に応えていきたいと思います。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...