立春 @高野洋平

こんにちは高野です。今日は立春ですね。折角なのでどんな節気なのかwikipediaを覗いてみました。

立春(りっしゅん)は、二十四節気の第1。正月節(旧暦12月後半から1月前半)。の初め。冬至春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までがとなる。九州など暖かい地方ではが咲き始める。この日が寒さの頂点となり、翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられる。

立春は寒さの頂点…そうでしたか。冬至、大寒なんてもっと寒そうな印象ですが、寒さの頂点は立春なのですね、覚えておきます。気になって暑さの頂点を調べてみると立秋8月7日でした。

明日は節気繋がりで春分、秋分、夏至、冬至のお話を書こうと思います。

高野洋平
高野洋平建築設計事務所

高野洋平  ばとろぐ記事

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)6/28 明大前の賃貸併用二世帯住宅 @石井正博+近藤民子

この度、設計事務所アーキプレイス(石井正博+近藤民子)で設計監理しました『明大前の賃貸併用二世帯住宅』が竣工間近となり、建て主様のご厚意によりオープンハウスを開催させていただくことになりました。 敷地の高低差を利用して、道路に面した半地下の賃貸住戸を作り、その上に2層の木造をのせ、地下1階地上2階建ての準耐火構造の共同住宅+長屋として計画。建ぺい率や高さ制限をクリアさせ、緩和(天空率,地下緩和)も使って最大限の容積を確保しました。オーナー住戸は、外部空間との繋がりをもたせながら、南東側の広がり...