住まいのまわり「ミニガーデン」 @古川達也

「住まいのまわり」とは、家と街のあいだ。。

家との繋がりもあり、街との繋がりもある。家との都合、街との都合を調整したり解決したり。様々なケースがあると思いますが、とても大切な場所だと思っています。

ミニ花壇やミニ菜園。本日は住まいのまわりにあると嬉しい、ミニガーデンのお話です。

nagaiie_1

例えば、以前に設計した個人住宅「白楽の長い家」奥行きのある敷地に建つコンパクトな住宅です。近く建設予定がある隣地の緑地が視界にありますがご夫妻2台分の駐車スペースを確保すると、敷地内に外構のゆとりは殆どありません。

ですが、前面道路と住まい本体との僅かなスペースに、ミニガーデンを設けています。「行ってきます!~ただいま!」玄関先で、ご家族が必ず目にする庭。

nagaiie_2

敷地の際にあることで、庭は街並みに参加し、道行く人々の目を楽しませてくれます。

最小限で最大効果!ミニであるがゆえ、それほど頑張らなくても?!花緑であふれます。玄関先のミニガーデンは、住まいの顔として、ご家族と街をソフトに繋ぎます。

sentakuya_1

もう一つご紹介。「洗たく屋さんの家
ご家族が営む、クリーニング店併設の住宅です。

道に面するミニガーデンは、住まいの玄関先であると同時に、地域で愛される店舗の顔でもあります。ここではミニ菜園としてナスやトマト、イチゴやゴーヤーなどなど予定?!収穫して来客にふるまう楽しさも。伺った際は、丁度トウモロコシを育てていました。

住まいづくりにおける「住まいのまわり」。住まい手や土地環境に合わせ様々ですが、丁寧に考えられると、住まいの魅力に繋がるように思います。

古川達也
古川都市建築計画一級建築士事務所

sentakuya_2

著者情報

古川 達也古川 達也

古川 達也 ふるかわ たつや

古川都市建築計画

住まいが安心で心地いい。そして住まいに感動がある。 そういう家づくりのお手伝いをしたいと思っています。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...