設計相談会で注文住宅の間取りプランでセカンドオピニオン

今週のリレーブログを担当させて頂きます、小林真人建築アトリエの小林真人です。

 

2か月に1度ぐらい、ある所で設計相談に応じています。

そこでは住宅メーカーや工務店あるいは他の設計者で

既に計画を進められている方たちがセカンドオピニオンを求め

進行中の図面を持って相談にいらっしゃる方がとても多いのです。

 

昨日もその相談をしてきましたが

朝一番のご相談は

木造2階建て,1階にご両親,2階に若夫婦,玄関共有の二世帯住宅でした

 

Aさん『何度かやりとりして希望が満たされた状態ですが,このまま進めてよいかプラン全般をみて頂けないでしょうか?』

 

主寝室

私『ご両親のベッドルームですが,お布団ですか?それともベッド?』

Aさん『今まではお布団でしたが,高齢になってきたのでシングルベッドを2つ置きます』

私『どうベッドを置くか決めてらっしゃいますか?』

Aさん『・・・・』

主寝室 家具レイアウト

図面の下にある窓は庭に出入りする為のテラス窓だそうなので

私『ベッドはこの様にレイアウトするしかありませんが

これだと納戸への出入りが困難ですよね』

Aさん『えーっ!!この年齢でダブルベッドにしてくれって訳にもいかないですよね・・・』

 

間取りやプランを検討するときに具体的な家具のレイアウト

を想定したり考えてみることはても大切なポイントです。

今回はプランそのものに問題がある事が判りましたが

スイッチや照明の適切な位置なども判ってきます。

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

著者情報

小林 眞人小林 眞人

小林 眞人 こばやし まひと

株式会社 小林真人建築アトリエ

『バランス感』と『素材感』を大切にした建築を心がけています。 全体とディテール、都市との関係、実用と芸術・・・ シチュエーションに応じて取るべきバランス点を見極めたいという思いです。

− 最新イベント情報 −

9/8 (木)11:00~インスタライブ開催 鋼鈑商事&建築家31会

9月8日(木)11:00より、「どこでも光窓」を紹介するインスタライブを行います。 都心のような住宅密集地ではお隣の家との距離が近く、窓を付けても自然光が入りにくいというお悩みがありませんか? 自然採光装置「どこでも光窓」は、「光ダクト」と呼ばれる、内側が鏡のような筒状の部材に自然光を反射させて暗いお部屋を明るくできます。 https://hikari-duct.jp/ 今回は実際に住宅密集地で「どこでも光窓」を採用した住宅にお邪魔して、明るさのイメージをライブでお伝えし...