設計相談会で注文住宅の間取りプランでセカンドオピニオン

今週のバトログを担当させて頂きます、小林真人建築アトリエの小林真人です。

 

2か月に1度ぐらい、ある所で設計相談に応じています。

そこでは住宅メーカーや工務店あるいは他の設計者で

既に計画を進められている方たちがセカンドオピニオンを求め

進行中の図面を持って相談にいらっしゃる方がとても多いのです。

 

昨日もその相談をしてきましたが

朝一番のご相談は

木造2階建て,1階にご両親,2階に若夫婦,玄関共有の二世帯住宅でした

 

Aさん『何度かやりとりして希望が満たされた状態ですが,このまま進めてよいかプラン全般をみて頂けないでしょうか?』

 

主寝室

私『ご両親のベッドルームですが,お布団ですか?それともベッド?』

Aさん『今まではお布団でしたが,高齢になってきたのでシングルベッドを2つ置きます』

私『どうベッドを置くか決めてらっしゃいますか?』

Aさん『・・・・』

主寝室 家具レイアウト

図面の下にある窓は庭に出入りする為のテラス窓だそうなので

私『ベッドはこの様にレイアウトするしかありませんが

これだと納戸への出入りが困難ですよね』

Aさん『えーっ!!この年齢でダブルベッドにしてくれって訳にもいかないですよね・・・』

 

間取りやプランを検討するときに具体的な家具のレイアウト

を想定したり考えてみることはても大切なポイントです。

今回はプランそのものに問題がある事が判りましたが

スイッチや照明の適切な位置なども判ってきます。

小林真人
株)小林真人建築アトリエ

− 最新イベント情報 −

オープンハウス(完成見学会)2/29 東久留米の ‘yin-yang’ house @七島幸之+佐野友美

この度、アトリエハコ(@七島幸之+佐野友美)で設計監理を行った「東久留米の 'yin-yang' house」が完成致します。 お施主様のご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行わせて頂く運びとなりました。 高台にある、落ち着いた雰囲気の分譲住宅地、その行止りに位置する旗竿敷地。 敷地の地盤面がアプローチの道路から更に2.3M程高く、道路レベルから敷地内の様子は窺えない。 コンクリート・木・金属の素材感 光を吸収する面、バウンドし、砕く面 明暗のコントラスト、光と影の図形 ...