設計事務所・建築家にできること 5 @石井正博+近藤民子

今週の“ばとろぐ”では、設計事務所が行っている仕事について「設計事務所・建築家にできること」題して書いています。五日目は「竣工後(定期点検、メンテナンス、リフォーム)についてです。

5.竣工後(定期点検、メンテナンス、リフォーム)
建物を引き渡して終わりということはなく、ずっと関係は続いていきます。
実際に暮らしはじめると、とくに1年目には不具合が見つかったり、手直しが必要なところがでてきますが、工事会社と建て主の間に入って改善方法をアドバイスします。工事会社の定期点検にも立ち会います。

写真は猫と暮らす中庭のある家の工事会社の一年点検に立ち会った時のものです。
>>猫と暮らす中庭のある家の設計・工事経過

また、例えば子供たちが大きくなりそれぞれの個室が必要になった時には、(設計中にある程度想定しておきます)図面を作成し見積りをとり、完成までお手伝いします。

設計事務所・建築家との家づくりは、竣工後もその建物のことを一番よく知っている専門家(住宅の主治医)がいるということです。メンテナンスの時期や方法、また、大規模なリフォームを行おうとする時でも、安心して相談できる心強い味方になってくれるはずです。

最後になりましたが、設計事務所の仕事には
建物を建てる時に欠かすことのできない建築確認申請などの業務があります。
設計事務所は、家を新築する時に必要な建築確認完了検査の申請や立ち会いもなど建て主の委任のもとに行います。依頼があれば長期優良住宅やフラット35などの手続きも代行します。

写真は東京タワーと桜の見える家の確認申請がおりた時の写真です。>>東京タワーと桜の見える家の設計・工事経過

今週の”ばとろぐ”設計事務所アーキプレイスの石井正博+近藤民子の担当でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

>>一日目:土地探しのお手伝い
>>二日目:住まいのプランニング(設計)
>>三日目:住宅の見積チェック
>>四日目:住宅の工事監理
>>五日目:お引き渡し後(定期点検・メンテナンス・リフォーム)

設計事務所アーキプレイス HP
設計事務所アーキプレイス ブログ

ARCHIPLACE Facebook

「建築家の役割」関連解説記事

− 最新イベント情報 −

建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」を開催(3/1〜3/15)します

首都圏で活動する「建築家31会」と、質の高いデザインとアフターサービスを提供する水回り設備の「セラトレーディング・CERA TRADING」によるコラボレーション第四弾。 建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.4」開催のお知らせ。 東京・乃木坂にあるセラトレーデイングのショールームにて、Love!Bathroom をテーマに、まだ見ぬ理想のバスルームから実際の事例までを写真と模型を使って展示します。 会期:2019年3月1日(金)〜3月15日...