「オーダーキッチンとシステムキッチン、メリットとデメリット」@南部健太郎

年々、わたしどものお客様では、オーダーキッチンを望まれるお客様がとても多くなってきております。

今日は、そんなオーダーキッチンと、システムキッチン、どちらがお得なのか?良いところと悪いところは?ということについて、少々書いてみようと思います。

新築の戸建てにしても、マンションのリフォーム、実家のリフォームと工事自体は様々ですが、

過去のホームページの事例や雑誌を見て来ていただくお客様から

一般的に日本のキッチンの大半をしめるシステムキッチンから、せっかくなら!自分だけのオリジナルのキッチンをというお客様からのご要望が多く、お答えしております。

先ずは、こちらのキッチンをご覧ください。

左側にオープンなキッチン、右側がダイニングエリアです。背面壁際に収納や冷蔵庫とカウンターと、アイランド型のキッチンの組み合わせという、最近とても多くなっているスタンダードなキッチンです。

ホテルのエントランスやショップにあるような、モダンな石のカウンターにしたい!というのがご希望でした。

なんと、見えているキッチンの衝立パネル部分は、大判の天然大理石で厚さ=35mmほどあります。一枚の石から切り出してもらっているので石の模様があっておりますが、全部で300kg近くの重量があります!

とても豪華で、それでいてミニマムに仕上がっており、お台所という生活感を感じさせないキッチンに見えるので、とてもお金が掛かっているように見えますね、

ところが・・・・・

お客様が色々探してみると・・・・・システムキッチンではこんな仕様は売ってません、キッチンメーカーにこのような仕様で依頼すればとても高額な見積もりになってしまいました。

 

そこをどう実現するかを考えるのが私たち建築家の腕の見せ所です!

このキッチン、実際の機能的な部分はお客様がみつけられた某キッチンメーカーさんにご協力いただきシンプルでリーズナブルなキッチンを入れております。そのほうが、予算と機能のバランスがお客様のニーズにあってんですね。

そこへ、顔となる衝立部分には、現場の協力の下、石材業者に直接お願いして、図面にもとづいて石の板を送ってもらい現場で組み立てました。

そこへ至まで、お客様と一緒に様々検討して、一緒に廻って見ました。

先ずは、最近ヨーロッパから多数のメーカーから販売されている石模様の大きなタイルもいくつも見に行きました。 これは、表面はとてもリアルにできているのですが、端の処理に問題がありました。

次に、ショップなどで使われる特殊技術の天然石を薄くスライスする技術も検討見積もりしたのですが、とても高価になってしますと。

そして、最終的にいきついたのが「本物の石板」を立ててしまう!ことでした。

結果的にとても喜んでもらい、本物の質感と耐久性を兼ねたパネルが出来上がりました。

金額も、キッチンメーカーにフルでお願いする半額ぐらいで実現できました。

 

このように、フルオーダーではなくシステムやキッチンメーカー部分とオリジナル家具や現場での材料とうまく組み合わせて作ることもできるのです。

キッチンでお金が掛かるのは、天板や面材ということよりも、差が出てくるのは実は収納部分の作り方が大きいのです。作るとどうしても増額引出しや複雑な収納部分は既製品を上手く使い、見せ場の部分をオリジナルにする。

システムの良いところは、このように大量生産により複雑な部分の価格が抑えられていることや、メンテナンスや機能面の部分の試行錯誤がとても時間をかけて行われているということです。

こちらは、まさにそんなキッチンです。

予算的にはリフォーム全体で600万だったので、低予算でリビングと一体感のあるアイランドキッチンにしたいというご要望でした。

システムキッチンのシンプルなステンレス天板のキッチンを木製パネルで覆み、キッチンカウンターには大理石で、ダイニングから見たときに、キッチンだけうかないように・・、リビングの一部分のように見えるようにデザインしました。

ここの部屋では、冷蔵庫も業務用の高性能な冷蔵庫を使い、背面に絵も飾っているので、よりリビングダイニングとキッチンの一体感が得られております。

 

最後にこちらのお部屋は、

リフォーム済み物件だったためにキッチンはキレイな新品!もったいないので、使いたいけど・・・雰囲気が気に入らないのですが、なにかアイデアありませんか?とのご要望でした。

そこでキッチンは既存を使い、家具で囲いました。

それと、背面にオリジナルのキャビネットを使うことで、よりオリジナルの雰囲気が出てきております。

このように、オリジナル部分と、システムキッチンを上手く使い分けて賢いキッチン作りを楽しむのも1つのの方法です。

・システムキッチン

メリット:

引出しなど複雑な収納の充実

低価格から選べる

お手入れの気軽さ

デメリット:

素材やデザインがどれも似たり寄ったり

安っぽい感じがする

形や大きさに制限がある

 

毎日使う部分なので、もちろんストレスのない使い勝手やメンテナンス性は重要ですが、見た目の好みも重要です。

もちろん、100%オリジナルで!というお客様のキッチンもとても魅力的です。それは、使い勝手から素材やデザイン、大きさなど全てにおいて、ご家族のご要望を反映した家の中心となります。

次回は、そんなキッチンたちもご覧いただければと思います。

大田区の二世帯 戸建てリノベのキッチン

コーリアンのオリジナルキッチン

清澄白河マンション リノベ 大きなアイランドキッチン

南部健太郎
AR.K一級建築士事務所

「キッチン」関連解説記事

「設備」関連解説記事

「リフォームリノベーション」関連解説記事

南部健太郎  ばとろぐ記事

カテゴリー: キッチン, コスト, リノベーション, 設備 タグ: パーマリンク

2018年5月に、建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.28 @横浜赤レンガ倉庫を開催します。

建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.28 @横浜赤レンガ倉庫 日時:2018年5月11日(金)~5月13日(日) 会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階 スペースA/B(入場無料)  ◆Map・アクセス方法>> 主催:建築家31会協同組合

建築家31会 vol.28 家づくりトークショーマラソン@横浜赤レンガ倉庫

5月11日(金)

17:00〜 北島俊嗣 「賃貸物件」(アパート賃貸物件を木造3階建か鉄筋コンクリート4階建かの見極め方法) アパート賃貸物件の建物を、木造3階建てもしくは2階建てか、鉄筋コンクリート造4階建てにするかの見極め方法と題して、アパート賃貸物件について建築家本人が設計した具体例を示しながら、お話しします。

5月12日(土)

10:30〜 石井正博+近藤民子× チャネルオリジナル 「防火木材」(準防火地域でも住宅建物の外壁軒天井に貼れる防火木材の家) 住宅のイメージを左右して、工事費にも大きく影響する外壁材。知っておくと便利な外壁材の種類と選定方法。さらに木材(防火木材)を使った外壁の可能性についてお話しします。 11:30〜 泉谷吉信 × ディーエルディー 「薪ストーブ」12:30〜 幸田真一 × イゼナ 「水蓄熱」(冬暖かく夏涼しい住まいの冷暖房設備を住宅内部に水蓄熱する) 冬暖かく、夏快適な住まいをつくるためにぜひ知っておきたい「蓄熱」という考え方を紹介します。住宅内に快適温度を蓄えるという新しい発想に適した材料が「水」でした。この機会に「水蓄熱」という手法を私たちと一緒に考えてみませんか。 13:30〜 松永基 × ノックオンウッド 「クラシック家具」 14:30〜 前田敦 × エイチジーサービス 「地盤改良」(地盤調査や検査の正しい見方と地盤改良工法) 全ての建築物は地盤の上に建っています。特殊な場所では崖の上であったり下であったり、建物を考える前に地盤の正確な情報がなければ計画をすることはできません。今回は、正しい地盤の測量、検査方法、地盤改良の種類などのご紹介をいたします。 15:30〜 小林武 × 神谷コーポレーション 「木製建具」(セミオーダーの内装インテリア木製建具ウッドドア) 床から天井まで高さのある室内ドア。シンプルな見えない枠。洗練されたドアデザイン。安心安全なWソフトクローズ。しかも、反りに強い!そのような魅力的な特徴をもつ木製建具「神谷コーポレーションのフルハイトドア」を建築家が実際、採用して出来た住宅を紹介致します。 16:30〜 滝川淳 × ザ・シーズン 「外構」(くつろぎの空間に外構庭ガーデンの景色を取り込む) 狭さを生かした外構でこんな場所がくつろぎの空間にした実例、ストーリーのある庭づくりで住まいの魅力アップの実例をお話しします。

5月13日(日)

10:30〜 田邉恵一 × マードレ 「オーダーキッチン」(住まいのライフスタイルを反映するオーダーキッチン) 今やキッチンは、住まいの主役・家族の中心・インテリアのアイテムにもなりました。そしてキッチンのあるべき姿も千差万別です。I型キッチン・対面式キッチン・アイランドキッチン、などなど。このような自由な思考に対応する為、キッチンメーカーも様々な工夫をしていますが制約もあり、やはり多くの希望を具現化するのがオーダーキッチンです。いくつかの事例からいろいろな「こだわり」をお話しします。 11:30〜 筒井紀博 × 東京ガス 「エネファーム」12:30〜 七島幸之+佐野友美 × IOC 「フローリング」(注文住宅のインテリア床材で天然木無垢フローリング床暖房の選び方) 家の内装材として誰にとっても馴染みのあるフローリング。この機会に、改めて再確認してみませんか。天然木のフローリングを中心に、色調・質感とインテリアコーディネートの関係や気になる床暖房との関係などを、建築家とフローリングメーカーそれぞれの立場から実例を用いてご紹介します。 13:30〜 建築家メンバー 「アイデア住宅」 14:30〜 南部健太郎 × ヤマシタプランニングオフィス 「オーダーキッチン」(好きになるオーダーキッチンテーブルを使い易くする) 家づくりを考えるとき、家での生活を想像してみましょう!きっと、そこには素敵な家具の存在があるはずです。今の世の中、家で高額な家具を購入して生活する人は減ってきているかも知れません。特にオーダーキッチンなんて贅沢なのかも知れません。それでもやはり、生活や家族は、1つとして同じなことはありませんから、ぜひ、小さなものからでもキッチンをオーダーしてみてもらいたいと思います。 15:30〜 古川達也 × 大和重工 「ホーロー浴槽」(マンションのユニットバスをホーロー浴槽に変えた開放的な水廻りリフォーム) 静かな高台にあり、眺望に恵まれたマンションリフォーム。リビングの窓からは、程よい緑景と横浜らしい景色が存分に楽しめる住環境です。駅前の利便や昇り降りの少ない平地に移り住む選択肢もあったが、かけがえのない住まいとして、どうしても手放せない。しかし一方で施主ご主人は、風呂・洗面・トイレ水廻りに永年残念な感覚を抱えておられました。 16:30〜 余田正徳 × NE-1 「ファブリック家具」(ファブリック布地家具で上質でラグジュアリー高級な住まい) ソファやベッドのヘッドボードなど、ファブリック(布地)を使った家具を造作することで、住人のライフスタイルやインテリアの好みに沿った、上質でラグジュアリーな空間にしつらえることができます。どちらも後で買いそろえることも出来ますが、デザインやファブリックにとことんこだわって創ったオリジナル家具は、心を豊かにし生活に潤いを与えます。具体的な事例を製作過程などと併せてお伝えします。 お問い合わせ先:info@kenchikuka31.net 建築家31会事務局 東京都港区南青山2-2-15 WinAoyamaビル–UCF917 Tel : 03-6869-1961 建築家31会では、お客様の家づくりのお手伝いをさせていただいています。 設計事務所というと、
  • ・どこにいるかわからない
  • ・誰を選んで良いかわからない
  • ・とんでもないことをされてしまうのではと心配
私達「建築家31会」の特徴は、31人(組) の 経験実績、得意分野、地域が異なる建築家が集まっているので
  • ・お客様自身が建築家を選べられる
  • ・お客様に相応しい建築家を推薦出来る
と、安心して建築家を選んで頂けるようになっています。 どうぞ 下の相談フォームへのボタンから、お客様のご相談を建築家31会にお送り下さい。ご希望の家づくりをお手伝いさせていただきます。

建築家31会のメンバーと解説記事の一覧

阿川宮鳥コエタロデザインオフィス

石井正博+近藤民子設計事務所アーキプレイス 石川利治3*D空間創考舎一級建築士事務所 泉谷吉信Itchy’s Art Garage Totally Happy Creations

磯村一司+政本邦彦ギルド・デザイン一級建築士事務所

有泉絵美(株)空間設計パートナーズ一級建築士事務所   大川宗治一級建築士事務所 OM-1   岡部克哉株式会社岡部克哉建築設計事務所 北島俊嗣北島建築設計事務所 幸田真一幸田真一建築設計事務所 河辺 近ken-ken 有)一級建築士事務所 高野洋平高野洋平建築設計事務所 小林 武KOB建築設計事務所 小林真人株)小林真人建築アトリエ 菰田真志+菰田晶有)菰田建築設計事務所 清水禎士+清水梨保子トレス建築事務所 鈴木恵介(株)空間計画提案室 滝川淳+標由理コネクト 一級建築士事務所 田邉恵一株)田辺計画工房 筒井紀博筒井紀博空間工房 七島幸之+佐野友美アトリエハコ建築設計事務所 南部健太郎AR.K一級建築士事務所 古川達也古川都市建築計画 前田敦・前田敦計画工房 松永 基有限会社エムズワークス 余田正徳株式会社YODAアーキテクツ トークショー